本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2008年]

砂糖で肌をケア(洗浄・保湿)する「シュガースクラブ」【アビサル・ジャパン】

[その他|広島県]その他なしなし

企業概要

代理店からも評価された超純水製造装置

代理店からも評価された超純水製造装置

アビサル・ジャパン社は、スキンケア製品の企画・開発・製造・販売を目的とし、社長の幟立氏により平成16年5月に設立されました。砂糖の細胞再生促進・細菌成長阻止に着目し、平成17年5月に「シュガースクラブ」の試作品開発に成功いたしました。その背景には、幟立社長がアトピーに悩む愛娘の肌を健康にしたいという切実な思いからでした。

シュガースクラブの特徴は、次のようなところにあります。
 (1)高い信頼性
 シュガースクラブは、医療系大学教授の信任を得て、専門外部機関にて臨床試験も実施して、使用効果の立証に努めています。
 (2)用途の多機能性
 シュガースクラブの主要機能には、「保湿力」「洗浄力」があります。乾燥を防止することで、肌のトラブルを解消することが検証されています。
 (3)安全性
 シュガースクラブの原料は食品(北海道産砂糖大根)で、保存料や香料などを一切使用していません。誤飲、誤食のほか、生活排水として流出されても害および環境に影響はありません。「皮膚刺激試験」「保存試験」「容器試験」を行って、安全性を確認しています。

原料は砂糖大根、保存料や香料はなく安全です原料は砂糖大根、保存料や香料はなく安全です お客さまの用途に応じて品揃えしていますお客さまの用途に応じて品揃えしています

商品完成後は、ホームページから発売を開始し、平成18年6月より大手生活雑貨ショップのT社への納入が始まりました。その後、広島県呉市内や大阪府大阪市、北海道札幌市の皮膚科にて院内処方に用いられ、評価が徐々に高まってきています。その後、品質基準がもっとも厳しいとされる通販会社S社への納入も実現しております。

企業名 株式会社アビサル・ジャパン
代表者名 幟立真理 従業員数 8名
資本金 5,000万円 売上高 7,000万円(H20年4月期)
住所 広島県呉市中央1-5-6
電話番号 082-511-8688
主要製品 砂糖を活かした基礎スキンケア用品「シュガースクラブ」、石鹸、飲料

制度を利用するきっかけ

アビサル・ジャパン社は平成16年より、代理店網を整備するための規約づくりと経営全般について、中小機構中国の支援を受けていました。これをきっかけとして、スキンケア用品では実績を作りつつありましたが、幟立社長はさらなる飛躍を目指し、首都圏への進出を図りたいという希望をもっていました。そこで、中小機構関東で行っている販路開拓コーディネート事業での支援へと引き継がれました。

支援内容

平成19年の4月下旬に中小機構関東で、販路開拓プロジェクトマネジャーとチーフアドバイザーが、幟立社長と面談しました。幟立社長は砂糖が肌を軟らかくし、保湿する効果を最大限に活かせる介護市場に進出して、より多くの高齢者の方に利用してもらいたいという想いを熱心に話されました。

その結果、支援対象商品を高齢者にターゲットを絞った「保湿型洗浄剤"ぴーすさぽーと"」に決定し、保湿効果が高齢者のニーズを満たすという仮説を設定しました。支援活動を通じて解決したい課題は、"ぴーすさぽーと"の最適なチャネルの発見と、商品改善のための情報収集でした。

何回かやり取りをしながら平成19年5月下旬に、プレゼンテーション資料が完成。介護施設や病院関係にネットワークをもつ3名の販路開拓コーディネーター(CO)を選定し、幟立社長とのマッチング会を平成19年6月1日に実施し、支援がスタートしました。

支援期間中はCOが、介護施設、介護用品売場、通信販売会社など10社に対して18回のアプローチ(事前調査含む)を行い、テストマーケティングを実施しました。

最初に訪問した介護のデイサービスの会社では、介護現場の実態を聞くことができ、幟立社長は現実の厳しさをあらためて実感できたとのことです。その後、特養老人ホーム、短期滞在型老人ホーム、百貨店介護用品売場、介護用品通信販売など、仮説に基づいてさまざまなアプローチを重ねていきました。

支援の結果と今後の展開

今回の支援における主要な結果として、次の点があげられます。
 (1)通信販売のT社では、TV通販に採用されました。
 (2)K特養老人ホームでは、保湿効果データを収集できました。
 (3)大手百貨店I社では、直営店との関係構築ができました。
 (4)上記以外のアプローチ先からも商品改良を含む、さまざまな情報を収集できました。

一方で、コストダウンや、さらなるデータの整備など新たな課題も見つかり、継続的な対応をしていくこととしています。

お問い合わせ先
(独)中小機構関東販路支援課
TEL:03-5470-1638

このページの先頭へ