本文とサイドメニューへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

スタートアップガイド

J-Net21 中小企業ビジネス支援サイト

  • J-Net21とは
  • スタートアップガイド
中小機構
  • メルマガ登録
  • RSS一覧
  • お問い合わせ

HOME > 支援情報・機関を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 施策活用事例は、中小企業を支援する施策を活用した事例をご紹介しています。


[2008年]

介護から健康増進へ、真空調理技術を活用した業務革新【益水興産】

[食料・食品|広島県]専門家派遣研修・セミナーなし

企業概要

近隣の新鮮な鶏肉を使ったレトルト製品

近隣の新鮮な鶏肉を使ったレトルト製品

益水興産は「食を通じて、地域住民の健康の維持と生活の安定に寄与し、新たな食文化の啓発に貢献する」という経営理念を掲げています。その実現のため、農家でできすぎた野菜を買い取ることで、地元への還元を図っています。

これまで、多彩な調理方法の一つとして低温真空調理法(クックチル)を利用していました。これらの加工を通じて病院食や介護食を専門に手がけるなか、真空調理による調味料低減効果や味の浸透効果が確認できました。さらに、高温真空調理法(レトルト)にも幅を広げていくうちに、長期間の保存が可能なことから作業標準化効果が期待できることを確認しました。

地域への食事提供も行うカフェレスト地域への食事提供も行うカフェレスト できすぎた野菜は、つまり旬の証しできすぎた野菜は、つまり旬の証し

病院や介護施設・在宅で生活をしている方々の楽しみの中で、食事はたいへん大きなウェイトを占めています。ただ食事内容の変化だけでなく、温かさもおいしさの大きい要因の一つです。そのため、最新の真空調理技術を利用して作業の効率化を図り、献立内容にかかわらず、温かい食事の提供をしていくことに価値があります。

今後、施設における食事提供数は頭打ちとなることが予想され、これ以上の伸びが期待できない状況となりつつあります。そこでこれからの企業発展のため、地域性を十分検討した食材や、パッケージを模索する工夫も加えながら、レトルト製品を近隣の道の駅などで販売する予定です。介護給食で養われた食材加工技術を活かし、日々の食事に楽しさと豊かさを加えながら、頑張っている企業です。

企業名 益水興産有限会社
代表者名 砂田智子 従業員数 45名
資本金 300万円 売上高 25,600万円
住所 広島県山県郡北広島町壬生433-4
電話番号 0826-72-7750
主要製品 介護施設への給食、エリア内在宅者への配食およびレストランの経営

制度を利用するきっかけ

北広島町商工会・全国商工会連合会が主催し、広島県商工会連合会が後援する平成19年度「経営革新塾」へ、砂田社長が参加したのがきっかけでした。介護や病院への食事提供だけでは、今後の発展に期待することは困難であると感じ、鶏肉を主体とした製品作りを模索していたそうです。週平均2日ずつ19時から開始し、21時半までの講義を8日間(最終日は6時間)、合計23.5時間の経営革新塾を休むことなく、受講されました。

支援内容

広島県商工会連合会の経営革新アドバイザイーセンター(現在の広島県商工会連合会地域力連携拠点事業支援センター)は、経営革新により新たな事業展開を支援してきました。支援活動の中の一つである経営革新塾は、すでに事業を営んでいる者や若手経営者を対象にした、20〜30時間の短期集中型研修です。

講師には、経営革新を支援した実績のある経営コンサルタント、中小企業診断士など、実践的な経営戦略立案を支援できる専門家を選定しています。この塾により、経営戦略、組織マネジメントなどの知識・ノウハウなどの修得を目指していきます。過去の成功体験からの脱皮を図り、新規事業のさらなる発展のため、その具体的行動可能な戦略を立案できるようなカリキュラム内容になっているのも特徴の一つです。また経営革新塾終了後には、過年度を含む受講生を対象に、経営革新計画の法認定などのフォローアップを行うことも可能となっています。

経営革新塾とフォローアップの終了後には、中小企業診断士や技術士などの専門家が訪問し、個別の課題に対しアドバイスをする専門家派遣事業を利用しました。経営革新塾で今後の戦略構想の基本部分を練り、フォローアップで支援案件を拾い上げ、専門家派遣事業で個別企業に応じた経営革新計画立案を完成させる流れです。専門家派遣の中では、社員を交えたブレーンストーミングも行い、会社が目指す方向性や社員の考えも、経営革新の目標の中に加えることができました。

  • 創業塾・経営革新塾(中小企業庁)
  • 経営革新支援アドバイザーセンター(中小企業庁)

支援の結果と今後の展開

社員を巻き込んだ経営革新計画により、企業全体が目標とする方向へ動き始めています。試行錯誤のレトルト製品には、近隣の鶏肉を選び、パッケージも地域特性が表れるよう工夫しました。また、食品工業技術センターの公開特許を利用した、介護食開発も進めています。「食を通じて、地域住民の健康の維持と生活の安定に寄与し、新たな食文化の啓発に貢献する」という経営理念の実現を目指し、安定的発展にチャレンジしています。

お問い合わせ先
広島県商工会連合会 地域力連携拠点事業支援センター
TEL:082-247-0221

このページの先頭へ