HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
インキュベーション生まれの沖縄企業が全国に結婚情報を発信
サンネット株式会社 平成19年
企業概要
 サンネット(株)は、平成16年5月の設立時から平成18年8月までの約2年間、沖縄産業支援センター内のインキュベーション施設に入居し、(財)沖縄県産業振興公社のインキュベーションマネージャーの支援を受けながら成長してきました。

 ホームページ制作、ポータルサイト運営、Webアプリケーションソフトの開発、観光便利手帳の出版の4つの事業を手がけるほか、平成19年6月には新たに全国版ウエディングポータルサイト「ジャパンウエディング」の運営を開始しました。県内のIT関連事業者の中でも、精力的に活動し業績を伸ばしている企業の一つです。

 「ジャパンウエディング」は、全国の結婚にまつわる情報をインターネットで紹介するサービスで、挙式・披露宴など会場施設から、ドレス、指輪などの小物類にいたるまで詳細に情報を提供しています。

 利用者が選べるコンテンツをふんだんに盛り込み、集客効果を高め、広告メディアとして成長することを目指しています。東京を中心とした首都圏のウエディング関連会社やウエディングプロデュース会社に積極的にアプローチするなど、営業範囲を拡大していく予定です。

 当然のことながら、新参であり、沖縄をフランチャイズにしているため、大手に比べてブランド力が弱く、全国ベースでのブランド力浸透と営業体制の強化が課題と言えます。優秀な営業人材の確保と育成のほか、カスタマーサポートの充実を図るため、しっかりとしたバックヤード構築を進めています。
結婚に関する情報が詳細にわかる「ジャパンウエディング」サイト

支援内容
 平成18年度に事業可能性評価委員会の選定企業となり、産業振興公社では営業人材の育成に関するアドバイスや、組織戦略に関するアドバイスなどを行ってきました。販路開拓については、沖縄の産業まつりや商談会への参加をアレンジ、出展支援を行ったほか、東京国際フォーラムで開催された「ベンチャーフェアJAPAN2007」への出展サポートもしています。

 また、マスメディアを介した支援策として、産業振興公社がプロデュースした「沖縄ベンチャースタジオ」で、サンネットの事業内容についてテレビで紹介したほか、情報紙への記事掲載など広報支援を行っています。

 現在は、業務マニュアルの整備やコンプライアンスの徹底、プライバシーマーク(Pマーク)の取得に向けた取り組みを進めており、産業振興公社はこれらを支援するため専門家の派遣をしています。

企業者の声
 新事業である「ジャパンウエディング」が事業可能性評価委員会で一定の評価を受けたことは、経営の励みになっています。今後も産業振興公社などのアドバイス・支援を受けながら、一つひとつの事業基盤を、より強固なものにするとともに、沖縄発企業として全国に向けて躍進していきたいと考えています。

担当者の声
 創業して3期目の、まだ設立間もない企業ですが、この間、沖縄県経営革新計画の認定や中小企業基盤整備機構の事業化支援助成金を受けるなど、精力的に活動している企業であり、将来的にも楽しみな企業です。今後もさまざまな形で同社を支えていく考えです。

企業基本データ
代表 代表取締役 上地 明彦
住所 沖縄県那覇市小禄1831-1 沖縄産業支援センター316
電話 098-859-7056
e-mail
URL http://www.012sun.net/
従業員 27名
業種 IT関連事業
主要製品 ホームページ制作、ポータルサイト運営、Webアプリケーション開発、出版事業