HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
「one-W」システムで結婚式の段取り処理が簡単に
ピー・アイ株式会社 平成19年
企業概要
 ピー・アイ(株)は平成10年、ブライダル企画や印刷、輸入を行う「ピー・アイ有限会社」として設立、スタートを切りました。アメリカトップのブライダル印刷会社であるCC社の日本代理店第1号となり、平成16年には増資によって株式会社に組織変更しました。

 同社は結婚式場と提携し、招待状や席表などに特化した印刷・制作を行っているほか、ブライダルコンサルティング業なども手がけています。さらに、結婚式前の煩雑な段取り処理を、インターネット上でやりとりすることで簡略化するシステム「one-W(ワンダブリュー)」を開発、すでに宮崎市内の式場で稼働を始めています。

 挙式・披露宴を控えたカップルにとって、式の打ち合わせは楽しみな反面、参加者名簿や披露宴の席表作成など煩雑なことが多いのも事実です。出席者が変更になれば、せっかく作った席表を作り直す作業をしなければならず、式場とのやりとりも一般的に紙やファックスで行う必要がありました。

 こうした煩雑な作業を解消しようと「one-W」を考えたわけですが、開発に当たっては大手システム開発会社であるイー・アンドエム(株)(本社・東京)と業務提携し、全国へ販路を拡大するため新会社「PIEM(パイエム)(株)」も設立しました。

 「参加者名簿の作成や招待状作成など一連の作業は手間がかかるものです。しかも大切な名前を扱いますから、打ち合わせも制作も片手間ではできません。そこで、お客さまとのやりとりの煩雑さをできるだけ少なくし、預かるデータをしっかりと保全し、結婚後はご当人のパソコンで年賀状などの宛名印刷にも使えるシステムの開発に乗り出しました」と、PIEMの代表取締役でもあるピー・アイの中牟田喜成専務は言います。さらに「でき上がってみると、今までなかったのが不思議なくらい便利なシステムに仕上がっています」と指摘しています。
結婚前の煩雑さが解消できる「one-W」システム

支援内容
 「one-W」システムの販路開拓は宮崎県産業支援財団の基金活用型宮崎県中小企業経営革新補助金を受け実現しました。

 平成18年7月には東京ビッグサイトで開催されたブライダル産業フェアに体験版を出品しました。予想以上に反応がよく、全国各地の式場86社から問合せがあり、正式リリース以降は式場などに訪問販売を始めています。また、販売代理店も全国で7社が決定しました。

 これまでに宮崎市のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートなどで導入されました。「評判は上々です。煩雑な部分をシステム化し、ほかの部分で十分な打ち合わせをしてもらうのが目的です。結婚式は面倒だから挙げないというカップルが増えていますが、これなら大丈夫ですとアピールしていきたい」と意気込みをみせています。

企業者の声
「今までなかったのが不思議」という中牟田喜成専務
 「one-W」システムは、インターネット環境にあるパソコンなら誰でも使えます。IDとパスワードで式場担当者、当事者、印刷を預かる当社が入力されたデータを共有し、招待状の宛名書きや席次表を自動作成したり、引き出物の管理もできます。いつでもデータが見られるので、進捗状況もしっかり把握でき、安心です。一生の思い出づくりのよいお手伝いをしたいと思います。

担当者の声
 基金活用型宮崎県中小企業経営革新補助金は従来の業務に加えて、将来性のある新しい事業を起こす場合に受けられるものです。今回はシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの式場と提携するなど、注目度の高いモデルユーザーを作ること、またシステム開発に当たってIT企業やプリンター業者との連携を強くし、これからの業務展開につなぐ、この2点でアドバイスを行いました。

企業基本データ
代表 代表取締役 マイケル インディゴ
住所 宮崎県宮崎市永楽町212-1
電話 0985-29-8901
e-mail bridal@pi-ai.co.jp
URL http://pi-ai.co.jp/
従業員 12名
業種 サービス業
主要製品 ブライダルペーパーアイテム(招待状、席次表、席札等)の商品開発、販売、印刷、卸業。挙式コーディネートおよび式場の音響、照明サポート業務。ブライダルグッズ販売。ブライダルコンサルティング業。ブライダルIT関連事業。