HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
システム開発と人材育成事業で成長するIT技術者集団
株式会社ザイナス 平成19年
企業概要
 (株)ザイナスは、平成12年に設立したシステム開発と人材育成事業を手掛ける若い企業です。システム開発部門では開発能力を駆使し、業務請負・業務アプリケーション開発や個別パッケージの開発請負といったサービスを提供しています。また技術者の「心構え」と「生産性」を重視しシステムエンジニア(SE)やプログラマー(PG)などの育成を行っています。

 具体的な業務アプリケーション開発請負分野では、お客さまのニーズに合わせた独自の業務アプリケーションを開発しています。お客さまの業務内容を素早く見極めて、ニーズを鮮明にイメージアップします。これまでに開発した業務用アプリケーションのすべてが初めての業種です。冠婚葬祭互助会業、土木建設業、型枠業、イベント業、ビルメンテナンス業、土質試験業、スラグ販売業、医療、機械加工業など、それぞれの業種用のアプリケーションを手がけ、お客さまの要望にマッチしたシステムとなっています。

 一方、個別パッケージ開発分野は、お客さまのアイデアを個別のパッケージソフトとして商品化します。モノやハードの開発はちょっとした発明であっても、試作や金型の作成などにかなりの資金が必要です。しかしソフトの開発はパソコンさえあれば可能です。同社は「あなたのアイデアをソフトで実現しませんか」とのキャッチフレーズで、それらのアイデアをソフト化し提供しています。
開発を進める「多地点カメラによるスポーツ選手動作推定システム」
拡大図

支援内容
 (財)大分県産業創造機構では、ザイナスが平成15年9月にITインキュベーション施設に入居したことを契機に、積極的な支援を開始しました。市場開拓面では取引支援グループによる情報提供、研究開発面では産学官連携支援グループによる研究開発、助成金獲得支援などを行っています。

 そのほか、経営革新計画承認のためのプラン作成やプレゼンテーションの支援、異業種交流への参加など、さまざまな支援を行っています。がんばる企業の優れたモデルとして期待しており、とくに産学官連携により研究開発を進めている「多地点カメラによるスポーツ選手動作推定システム」は、スポーツ動作の研究、障害予測などに役立つものとその実用化を期待しています。

企業者の声
「事にあたって殊(こと)を制す」が座右の銘と言う江藤稔明社長
 県産業創造機構とお付き合いを始めてから、多くの企業を紹介してもらい、また助成金獲得のための支援もしてもらいました。その結果、県内での知名度も向上し、それに伴って業容も拡大しています。これからも積極的に相談し、業務拡大につなげたいと考えています。

担当者の声
 ザイナスは社長も含めて、全員がスペシャリストです。江藤稔明社長は、会うたびに新しいアイデアや新事業展開の話を聞かせてくれます。また産学官連携や異業種交流の場にも積極的に参加し周囲を刺激してくれます。環境変化に柔軟に対応できる知恵と機動力のある企業です。

企業基本データ
代表 代表取締役 江藤 稔明
住所 大分県大分市東春日町17-20大分第2ソフィアプラザビル5階
電話 097-540-6650
e-mail info@zynas.co.jp
URL http://www.zynas.co.jp/
従業員 92名
業種 システム開発業
主要製品 コンピュータソフトウエアの開発・保守、システムエンジニア養成