HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
企業風土を変え、自動車産業に参入目指す
株式会社九州電化 平成19年
企業概要
 (株)九州電化は、福岡市周辺を受注エリアとして、昭和35年(1960年)に創業しためっき加工会社です。建築・装飾金物部品と電力部品、プリント基板スルーホールめっきを中心に表面処理を行ってきました。九州にIT企業が進出するようになり、機能めっきが増えてきましたが、多品種小ロット生産を求めるユーザーが多いため、個々の対応を余儀なくされ、標準作業のルール作りが難しく、ムダがあってもそれが見えない企業風土になってしまっていました。

 同社ではこれまで培っためっき技術を、量産の世界で活かしたいとの思いが強く、また企業風土改革のため、もっとも量産効果が発揮できる自動車産業への参入を目指しました。

 (財)福岡県中小企業振興センターの支援制度を活用し、自動車産業参入アドバイザーによる直接現場指導を受けたところ、社員の考えが根本から覆されてしまいました。これまで多品種小ロット生産と考えていためっき加工が、実は自動車業界では大ロット生産そのものだったのです。

 ディスカッションや改善指導を受ける中で、自動車生産は小刻みな混合生産が当たり前だと認識するようになりましたし、作業人員を計画的に半分近くにまで削減できるとも考えられるようになりました。さらに標準作業の構築と条件管理の徹底化により、品質保証ができる仕組みを社員全員が理解するようになりました。同社では意識改革の原動力として初のプロジェクトチームを結成しましたが、これら意識改革のための体験は、新たな企業文化創出に向けて意識を変えるきっかけになったことは間違いありません。

 
生産現場で改善指導を受けるプロジェクトチーム
 
備品棚も見違えるようにきれいになっている

支援内容
 福岡県は平成21年度までに自動車産業の地場調達率を50%から70%に引き上げることなど4大目標を掲げました。この目標を達成するための支援策として、平成19年4月から福岡県中小企業振興センターに自動車産業参入アドバイザー6人を配置しました。これら6人は県が推薦した51社のほか、アドバイス要請企業を訪問し、参入促進のためのアドバイスなどを始めています。

 自動車部品めっきに本格参入を目指す九州電化にも、これらアドバイザー6人で訪問、経営者らからのヒアリングなどをもとに支援を決定しました。そして2人のアドバイザーが同社の専任となり、月2回のペースで品質・コスト・納期改善のためのQCD(Quality:品質、Cost:コスト、Delivery:納期)活動について、大所高所から意見を出し、細部を改善するという支援を行っています。

 同社は地元調達率を50%から70%に引き上げるための企業グループメンバーとなり、自動車産業の文化(モノづくりは人づくり、カイゼン、ムダの排除など)の本質理解への取り組みを始めました。多品種小ロット生産の亜鉛めっきラインでコストを大幅削減するため、人を半減する挑戦も続けています。

 さらに、QCDを進めるにあたって、生産管理板を利用し問題点を発見、仕事の流れに関わるムダの改善、ロット管理(標準、特急、少量、多量)の「見える化」や治具置き場の整理など12項目について改善のための支援をしています。

企業者の声
「企業文化を変える出発点になっている」と言う山田登三雄社長
 当社はリピート品が少ない多品種小ロット生産のため、管理が行き届かず、現場まかせの状態が続いていました。今回の改善指導により、根本的に会社を変える組織としてプロジェクトチームが動き出したことは、企業文化そのものを変えるための転換点となりました。今後もこのような支援制度を積極的に活用していきたいと思います。

担当者の声
 社長とプロジェクトチーム7人は、自動車産業への本格進出に強い意欲を持ち、努力を続けています。指摘された問題点はすぐ協議され、対策を打ち出し、次回支援日までには改善し、その前後の写真も準備されます。

 慣れ親しんだ自分たちの慣習やクセを変えるだけに、現場との調整に戸惑いながらも、「遠慮はするな、なんでも分からないことは質問して確認をして欲しい」との言葉を拠りどころに改善を進めています。また社長がアドバイザーとスタッフの間に立って調整する場面もあり、亜鉛めっきラインと原材料の受け入れ体制、完成品の出荷体制は大幅な改善が進んでいます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 山田 登三雄
住所 福岡県福岡市東区社領3-4-8
電話 092-611-3461
e-mail info@k-denka.co.jp
URL http://www.k-denka.co.jp/
従業員 85名
業種 製造業
主要製品 めっき加工各種:金・銀・スズ・銅・ニッケル・クロムめっき、亜鉛めっき、スルーホールめっき、テフロンコーティングなど