HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
阪神淡路大震災を教訓に高耐震・高耐久住宅を販売
オーシャンホームズ株式会社 平成19年
企業概要
 大手住宅メーカー出身の大出正廣社長が、阪神淡路大震災による建物倒壊の被害について実態調査をしたところ、耐震設計がなされていない住宅が多くありました。地震を教訓に重量鉄骨工法に特殊吸振ゴムパッキンをセットすることで高耐震・高耐久を確保した住宅の販売を考えていた大出社長は、平成6年にオーシャンホームズ(株)を設立、設計開発にあたっては当然「生命・健康と財産の保護」をモットーにしています。

 さらに壁内結露の発生を防ぐため、木質外断熱パネルを用いるとともに、高快適性とデザイン性を追求し、かつ顧客の負担を極力圧縮するため、無駄な間接経費を削減するなど、顧客志向に徹しています。さらに地域に密着した都市型住宅の販売・設計・施工を念頭にしています。

 施工法にも工夫をこらし、市街地の狭い敷地でも3〜7階建てまで建替えが可能になり、2世帯にも対応ができる住宅として好評です。将来の家族構成やライフスタイルの変化に対応できる住宅の開発も進めています。一方で創立10周年を機に、内部管理体制の構築、内部牽制組織の確立、経営管理制度の整備など、経営面の強化にも力を入れており、株式公開を目指しています。
阪神淡路大震災の教訓から生まれた耐震住宅
 
重量鉄骨と特殊吸振ゴムパッキンをセットした住宅の断面構造

支援内容
 (財)ひょうご産業活性化センターでは、重量鉄骨木質外断熱パネルによる高耐震・高耐久・高快適性の住宅造りを評価し、平成18年「中小企業支援ネットひょうご」の成長期待企業として選定しました。これに基づき事業のいっそうの成長に資するため、複合的な支援を行っています。

 専門家派遣事業では経営管理システムの構築、幹部社員を対象とする管理事務整理の指導助言を、販路開拓を支援する「マーケットナビゲートシステム」事業では大手企業OBなど登録ナビゲーターが、神戸と東京を中心に販路開拓のため、見込みのあるお客さまを紹介、直接訪問をしています。

 また、経営幹部を求める企業に対し行っている経営幹部マッチング事業により、幹部候補者を紹介しました。経営戦略の立案、マーケティングなどを企業とともに考え、課題解決を図っています。

企業者の声
「次のステージを視野に社内体制も整備」と語る大出正廣社長
 創業間もない時期からオーシャンホームズの理念と技術を評価してもらい、販路開拓の場の提供や助言を受けました。事業規模拡大にともない経営幹部が必要になったため、マッチング支援を受け、週2〜3日間、当社幹部と社員の教育、経営課題の助言を受けるなど、次のステージへの準備をしています。

担当者の声
 オーシャンホームズが扱う重量鉄骨木質外断熱パネル工法という高耐震・高耐久・高快適性・高デザイン性を武器にした住宅は、少子化・核家族化対策などライフスタイルの変化にも対応ができます。同社の業績も軌道に乗り始めました。株式公開を見据えた企業として活動してもらいたいと考えています。

企業基本データ
代表 代表取締役 大出 正廣
住所 兵庫県神戸市東灘区向洋町中6-9神戸ファッションマート10F
電話 078-857-8838
e-mail info@oceanhome.co.jp
URL http://www.oceanhome.co.jp/
従業員 43人
業種 住宅販売、設計・施工業
主要製品 重量鉄骨木質外断熱パネル住宅