HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
ウェブも活用しお茶処静岡から商品情報を発信
株式会社フロムS 平成19年
企業概要
 (株)フロムSは代表取締役の山村敏氏と取締役の南條聖子氏が平成18年5月に共同で設立した企業です。フロムSの「S」はShizuoka(静岡)のSを表し、静岡を発信地として新たな視点から考案した物やサービスを提供していくことを企業テーマとしています。また、SはSmile(ほほ笑み)、Simple(純真)、Special(特別)、Surprise(驚き)、Symphony(調和)、Sympathy(思いやり)、Satisfaction(満足)などのキーワードも表現しています。

 企業理念は(1)柔軟な発想で創造的な活動をする(2)提供する製品やサービスで社会に貢献する(3)当社に関わる人々の心と経済を豊かにするです。

 「発信地=静岡」をテーマとしていることもあり、お茶処(どころ)静岡の良さや思い入れを伝える商材として緑茶石鹸をリリースしました。商品名は「想茶石鹸」。静岡産の緑茶粉末を配合した洗顔石鹸で、緑茶のもつ美肌成分と、必須アミノ産を豊富に含んだ「麦飯石超微粒子」がこの石鹸の特徴となっています。

 防腐剤は一切使っておらず、天然植物油脂100%の洗浄力で汚れをソフトに落とし、緑茶の保湿成分を備えたミルキーな泡が肌のもつ本来の潤いを引き出す石鹸です。また、緑茶の主成分であるカテキンの抗酸化作用で、紫外線によるダメージから肌を守り老化を防ぐ効果もあると言われます。

 ターゲットは、その効果が検証できると思われる40歳以上の女性で、観光客への販売も視野に入れ販売活動を展開しています。また、当社は犬用、人用のオーラルケア用品(歯ブラシ、歯垢・歯石除去具など)も取り扱っています。
地域資源のお茶を用いた石鹸

支援内容
 開業して一年目のフロムSは、商品の「売れる仕組み」づくりを模索中でした。ホームページはすでに開設していましたが、BtoB、BtoC戦略に基づいた訴求力の高いウェブサイトを求めていました。

 そんな中で(財)しずおか産業創造機構に専門家派遣の申込みがあり、情報化アドバイザーである加藤裕子氏を紹介、アドバイスを受けることになったわけです。加藤氏の分析で、同社商品の中で付加価値が高い石鹸、緑茶についてはウェブやブログを活用すれば費用対効果があがると判断しました。

 さらにキャンペーンページを開設し、口コミ感覚で商品の認知度向上を図り、ショップカートを有効利用し顧客獲得の足掛かりとするよう助言しました。また、ホームページへのアクセスを拡大させるSEO対策についても助言、常に情報の上位を獲得するという意識付けを行いました。

 また、Face to Faceの営業機会として、当機構が主催する「しずおか新産業技術フェア」をはじめさまざまな展示会に参加しながら、「売れる仕組み」構築のための情報収集からフォローアップまでを行っていく考えです。

企業者の声
「SEO対策でアクセス拡大」という南條聖子取締役
 加藤氏の助言によりSEO対策を行ってきた結果、アクセス数が大幅に増加し、それまでウェブを通じた引合はほとんどなかったものが、週に3件〜5件の商談が成立するようになりました。また、キャンペーンサイトやブログを取り入れたことによる効果もあり、訪問営業の中でも、自社製品の発信を実感できるようになりました。

 店頭販売取扱い先としては、駿府匠宿、駿府楽市、丸子匠宿、富士川楽座などの地場産品を取扱う商業施設や、地元ホテル・旅館などに拡大しており、今後も営業展開をしていく中で、「静岡発」をテーマにした地域密着戦略で付加価値を還元していきたいと思っています。

担当者の声
 経営者のコミットメントや企業理念が一貫していることから、同社の情報を発信するうえでも非常に訴求力のある情報化戦略が立てられたのではないでしょうか。お茶という地域資源を活かした企業は多く、地域活性化プログラムによる支援もある中で、今後も増えていくものと思われますが、商品の訴求力や競争優位性をブラッシュアップしていくことを続けていけたらと思います。今後も当機構で側面的な支援をしていきます。

企業基本データ
代表 代表取締役 山村 敏
住所 静岡県静岡市駿河区小鹿1−9−11
電話 054-293-5344
e-mail info@from-s.jp
URL http://www.from-s.jp/
従業員 5名
業種 製造業
主要製品 犬用オーラルケア用品製造、人間用オーラルケア用品製造、静岡茶を利用した石鹸、緑茶(静岡茶)