HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例
おいしいものを食べて幸せになれる夢空間を目指す
有限会社 童人夢農場(ドリームファーム) 平成19年
企業概要
 (有)童人夢農場という名はピザ通の間では有名です。カタカナで「ドリームファーム」と書けば簡単ですが、漢字にこだわることにより、会社の経営理念を多くの人に伝えようとしています。「子どもも大人も、おいしいものを食べて、幸せになれる店にしたい」との思いが漢字の中に込められています。「農場では家畜を飼い、野菜や果物を育て、それをレストランの食材に」と付けられた社名です。

 梅澤勉社長は大学卒業後、大手製パン会社でパン製造に関わり、昭和60年(1985年)にアメリカンタイプのピザをメインとしたレストランを開業しました。その後、薪で焚く石窯の存在を知り、わざわざイタリアで修行、石窯を使ったイタリアンピザに進出しました。

 薪石窯を取り入れたピザは国内でも早い方でした。また、ペット同伴のお客さまのために戸外ですがドッグカフェを併設し、ペットと食事ができるようにしたため、ペット連れのお客さまには喜ばれています。商圏としては、平日は八王子、相模原が中心ですが、気候のよい休日になると横浜、平塚、茅ヶ崎など、遠方からのお客さまも多く訪れます。ただ、メニューが少ないうえ、冬の間はお客さまも少なく、その間に競争相手が大都市周辺に生まれたなどからリピーターが遠のき、売上高が16年度から18年度まで3期連続で減少、とくに18年度はピーク時の6割にまで落ち込んでいました。

 それでも消費者の投票で選ぶ平成19年度の「さがみはらお店大賞」では2位以下に圧倒的な票差をつけて大賞を獲得しました。相模原市に合併後、旧津久井地域の店として初めての受賞となりました。梅澤社長は地元津久井町商工会の副会長でもあり、地域の活性化にも心を砕く毎日です。
ドッグカフェも併設したイタリアンレストラン童人夢農場
 
薪石窯の導入は日本でも早い方だった

支援内容
 童人夢農場の梅澤社長は売り上げ減少に対し、徹底したコストの削減で乗り切ってきましたが、このままでは、マインドが後ろ向きになりかねず、従業員のモラルも低下すると考え、改めて攻めの姿勢で経営を立て直そうと考えていました。

 そんなときに、津久井町商工会の経営指導員からの薦めもあり、(財)神奈川中小企業センターの商店経営革新モデル支援事業を活用しようと考え、アドバイザーの派遣を依頼しました。商店経営革新モデル支援事業は、中長期計画を立てられない商業者を対象にした支援で、将来を見据えた経営で生き残ってもらおうという趣旨の事業です。

 この事業はアドバイザーからの一方的な提案ではなく、経営者とともに知恵を出し、合意のうえで確実に実行していくという手法をとっています。

 まず、同社の強みと弱みを洗い出しました。薪石窯ピザとして消費者から絶大な支持を受けているという「強み」を武器にして、市街地から遠く冬は寒さで客足が遠のくという「弱み」を打ち消そうという戦略を立てました。

 コンセプトは「薪石窯ピザの究極の専門店」。当面の年商目標を18年度比10%増におきました。「誰に」、「何を」、「どのような形で」提供していくかを研究し、具体的には客単価とリピート率をアップするためメニューを見直しました。それまでランチメニューのセットは価格帯が2つしかなく、その差が800円あり、来店客は安い方を選ぶ傾向にありました。これを3種類に増やし、価格差を500円にした結果、真ん中の価格帯のセットが現在では40%を占めるようになり、単価の向上につながりました。ディナーも質量ともに充実するなどお得感を全面に出し、とくにクリスマスディナーでは18年を上回る予約が入ったほどです。

 このような努力が実り、当初の目標にはわずかに届かなかったものの、売り上げは確実にアップする傾向にあります。現在は津久井という場所柄どうしてもお客さまが減ってしまう冬季対策を練っています。また、小麦粉やチーズなど原材料の高騰が経営に影響を与えているため、この対策も急務であり、梅澤社長らとともに対応を考えています。

企業者の声
「アドバイザーに経営を客観的に見てもらった」と言う梅澤勉社長
 長いこと経営をしていると、経験則が邪魔をしてマンネリに陥りがちでした。第三者として客観的に見てもらえるアドバイザーは企業にとってありがたい存在です。約3ヵ月間にわたり助言を受けたことにより、ランチメニューの充実や価格帯の見直しなど具体的な改善にも結び付けることができました。売上高がわずかとはいえ、上向きに転じてきたのがたいへんうれしいです。

担当者の声
 商店経営革新モデル支援事業の導入により、小さな店でも管理業務を計画通りスムーズに進めるための管理サイクル(PDCA)の基本を徹底することで、経営者の意識改革がかなり進み、良い循環が作られていくのが感じられます。原材料の高騰にはこの事業で得たノウハウを駆使し、的確な対策を立てる必要があると思っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 梅澤 勉
住所 神奈川県相模原市津久井町青山3126
電話 042-784-0961
e-mail
URL http://www.dreamfarm.net/
従業員 10名
業種 飲食店(イタリアンレストラン)
主要製品 各種ピザ、グラタン、リゾット、その他魚介、肉、野菜料理