HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
経営改善は社員の意識改革から
有限会社勝山シークァーサー 平成18年
企業概要
 地元生産農家を中心メンバーとして、農業生産法人有限会社勝山シークァーサーを平成15年9月18日に設立しました。シークァーサーの搾汁及びシークァーサー果汁100%の飲料を製造・販売しています。

 シークァーサーは柑橘類の一種ですが、沖縄のシークァーサーは人気が高く、原料の高騰が経営を圧迫する主な要因となっています。したがって、原材料の異常なまでの高騰に対する価格調整、未利用部が50%余りある残渣の有効利用、製造技術の向上、農家との連携強化等が当面の経営課題です。原料の高騰が続く中、この状況を克服するため、農家・社員・役員の結束を図っていきたいと思います。
みかん畑入口
写真一覧
 
シークァーサードリンクやゴーヤ茶等

支援内容
 平成18年度に「専門家派遣事業」を実施しました。原材料が高騰し、厳しい経営環境に直面しているため、社員の意識改革を図るための研修を支援しました。

 同社は、研修後、社員の意識を高めるため、他社の朝礼見学を行ったり、財団法人沖縄県産業振興公社の「平成18年度グローバル・ベンチャースピリット人材育成事業」を活用し、研究機関(全国農業協同組合連合会茨城県支部)への長期派遣研修(1ケ月)を申込む等、経営努力を行っています。

 今後とも窓口相談等を活用し、有用な経営情報を入手していきたいとの要請があります。

企業者の声
代表取締役
山川良勝氏
 創立3年未満の当社では全社員が一緒に研修会に臨むという機会がありませんでした。今回の研修で職場の規律性・協調性・責任性・積極性が向上することが期待されます。

 厳しい経営環境を克服するには社員の意識革命が重要です。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
仲宗根稔氏
「長期的視点に立って、生産農家の生計の安定を考えたい」という代表者の言葉に、事業に取り組む真剣さが感じられます。

 沖縄ブームの影響を受け、原料が高騰しているなかで、ブームに左右されない付加価値の高い商品開発に努力しています。今後も引き続き情報交換をしながら経営革新をサポートしていきたいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 山川良勝
住所 沖縄県名護市勝山9番地
電話 0980ー53-8686
e-mail info@mayaga.com
URL http://www.mayaga.com
従業員 15名
業種 製造業
主要製品 清涼飲料水製造業