HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
久米島海洋深層水を活用した肌に優しい化粧品の製造・販売
株式会社ポイントピュール 平成18年
企業概要
 当社は、平成13年3月9日に設立しました。創業者の大道敦氏は、沖縄県久米島で23年余にわたって理・美容業を営んできました。平成12年6月、久米島に沖縄県海洋深層水研究所がオープンしたのを契機に大道社長は新事業を創設しました。

 沖縄県海洋深層水研究所は、日本最大規模の取水量を生かして、飲料としての海洋深層水ばかりでなく、水産物の養殖研究、農業における養液栽培など幅広い海洋深層水の利用を目指し、研究・開発を行っている研究機関です。

 大道社長は、理・美容室を経営しながら、化粧品について何か新しいものができないかと思い続けていたところ、化粧品は、まず良い水造りから入っていくので、地元でオープンした海洋深層水研究所の水を用いて化粧品の開発をすることにしました。当社の製品は、特殊な海藻から抽出したゲル化剤が半分くらいを占めています。
作業風景
 
Ryuca
〜琉香〜
ボディミルク

支援内容
 同社は、平成13年度「事業可能性評価委員会」認定企業であり、約300アイテムの商品を製造しています。そのうちOEM商品が80%程度、20%が自社商品です。

 同社の販売促進を支援するため、財団法人沖縄県産業振興公社のタブロイド情報誌「沖縄ベンチャースタジオ」第5号の「仕事創造人」コーナーに、社長のインタビュー記事を掲載しました。今後の資金調達の多様化を図るため、株式上場について検討をはじめ、独立行政法人中小企業基盤整備機構と連携して専門家の派遣を行っています。

企業者の声
代表取締役
大道敦氏
 当社はOEM商品を主力にしているため、研究開発を担う人材の確保(採用)が当社の発展には不可欠であります。会社の評価を高めることが優秀な人材確保に繋がることを期待しています。社長として社員にいつも言っているのは「繁栄と継続」です。

 当社は久米島(那覇から飛行機で30分の離島)においては大きな企業であり、地域からも注目されています。

 財団法人沖縄県産業振興公社の支援により、事業可能性評価企業の認定を受けました。いろいろな情報が得られる、同公社の支援はありがたいと感じています。企業の評価・評判が高まることに社員は誇りを感じています。

担当者の声
プロジェクトマネージャー
仲宗根稔氏
 創業者の大道敦社長は、「肌に優しい本物の化粧品が欲しい…」そんな思いを持ちながら理・美容業を20年余続けてきました。

 平成12年6月、沖縄県海洋深層水研究所がオープンし、創業のきっかけになりました。ブームに左右されず、久米島ブランドにこだわりをもつ大道社長の夢は、「みんなでいい会社を作ろう」という果てしないものです。

企業基本データ
代表 代表取締役 大道敦
住所 沖縄県島尻郡久米島町字真謝486-12
電話 098-896-8701
e-mail pointa@pointpyuru.co.jp
URL http://www.pointpyuru.co.jp
従業員 30名
業種 化粧品製造業
主要製品 (1)粧品OEM製品製造
(2)石鹸・クレンジング・基礎化粧品
(3)水溶性ジェル・エステ用製品・痩身ジェル
(4)その他業務用製品