HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
事業コンセプトの明確化によるホテルづくり
有限会社キクナガ観光(屋久島グリーンホテル) 平成18年
企業概要
 当社は、旅館業(屋久島グリーンホテル)の他に屋久杉工芸品の製造・販売を行っています。3年程前に創業者である現専務の父親が亡くなったため、現在は母親が代表取締役を務めていますが、事業を引き継ぐ形で実質的な経営は子息の専務が行っています。

 屋久島は「月に35日雨が降る」と呼ばれるくらい雨が多く、台風の通り道にあるなど自然環境のとても厳しい土地です。そのせいか最近は雨漏など施設の老朽化が目立つようになり、前回の改装から約12年も経過していたこともあって、常々リニューアルをしたいと考えていました。

 ちょうど県外の大手資本によるホテルが進出したこともあり、ますます競争が厳しくなっていく中で、地場のホテルとして生き残っていくためには、経営改善を行いホテルの方向性を明確にして、ブランドを確立することによって差別化を図る必要があると考えました。

 そのためには外部の第三者からの指導が不可欠と感じていました。そのような折、同業者の会合において財団法人かごしま産業支援センターで専門家派遣事業があることを知り、経営戦略・マーケティング等に見識のある専門家の派遣を受けることになりました。
ホテル全景
 
ホテルロビー

支援内容
(1)専門家との協働作業により「事業コンセプトの明確化」、「経営戦略を立案しホテルの方向性を決定
(2)専門家によるサービスの改善指導
(3)設備投資計画(施設改修)への助言

 具体的には、お客が喜ぶことは何かを考えながら、ロビー、喫茶室や客室廊下の改装等のホテルのリニューアルを行い、浴場の改築では新たに屋久島にはない「岩盤浴」を設置し、「癒し」を提供することにより、女性客や登山客等の取り込みを狙った取組への助言等をおこないました。

企業者の声
専務取締役
菊永伸喜氏
 屋久島という離島で地理的な不便さがある中、専門家においては時には泊まり込みで遅くまで熱心に指導していただき、全体的に分かりやすく、的確なアドバイスをしていただきました。

 当社で不足している専門知識や指導力等の面において、外部からの意見を取り入れることによって課題を解決することができましたが、スタートしたばかりで、これからやらなければならない事がたくさんあるので、今後も継続していきたいと考えています。

担当者の声
 長期間にわたり施設改修の計画はあったと聞いていますが、専門家派遣が改修実施の後押しになったようです。屋久島の地場ホテルの生き残り策に懸命に取り組んでいる若い経営者の果敢な挑戦を期待しています。

企業基本データ
代表 専務取締役 菊永伸喜
住所 鹿児島県熊毛郡屋久町安房788-110
電話 0997-46-3021
e-mail info@yakushima-gh.com
URL http://www.yakushima-gh.com/
従業員 30人
業種 旅館業
主要製品 旅館業、屋久杉工芸品の製造・販売