HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
中小運送業が求める安価で高信頼性の移動体管理システムを提供
モバイルクリエイト株式会社 平成18年
企業概要
 当社の出発点は、社長の持つ無線とコンピュータの制御技術で、タクシー会社向け配車システムを開発・納品した実績に始まります。まだコンピュータで地図を表示する技術が新しかった時期に、タクシーの位置情報を画面表示させる技術を開発しました。配車センターでの作業のビジュアル化をいち早く実現しました。製品名は、最初に制作を依頼したタクシー会社の社長による命名で「新視令(しんしれい)」となりました。「新視令」の実績と性能が引き金となり、九州のタクシー業界が注目、数年で当社の実績は30社3,000台となりました。現在は、タクシーの管理方式がアナログからデジタルへの転換期となり、当社の新視令もそれに合わせてバージョン4にアップし需要に応えています。市場も九州から関東地区まで拡大し、大手タクシー会社からの受注も実現しています。

 タクシーの台数の数倍の規模を持つのが運送トラック業界です。物流システムの高度化の波は、サプライチェーンマネジメントの要素をつなぐ「線」であるトラック業界に及んでいます。荷物の個別管理が日進月歩の勢いで進む中、中小零細事業所のトラックも大手運送事業所の傘下で情報武装化を求められています。

 当社は、特に中小規模事業所向けにASPを使った安価だが大手企業並の車両管理が可能なシステムを開発しました。タクシー配車で培ったGPS技術、無線技術に、NTTドコモのデータ通信DoPaを活用、インターネットを利用して、事業所のパソコンで自社のトラックの運行状況を画面で確認できるシステムに仕上げました。電子地図はゼンリン、携帯電話はNTTドコモ中央、そして無線は日本無線株式会社とアライアンスを組み、当社のインテグレード力で製品としての体系を整えました。

 販売とメンテナンスは、アライアンス先の営業力と技術力を活用するというビジネスモデルです。1台当たりの使用料金は月3千円程度と安価に抑えながら、継続することと数のボリュームで収益を確保します。

 30名弱の社員は、経理・総務部門を除き、全員が技術者です。これからの課題は、技術面は品質・納期・コスト力をつけること、人材面は高度技術者の採用・育成による確保、管理面は内部統制システムの強化等と山積しています。

 社長は、昭和39年7月大分県に生まれ、県立大分工業高校機械科を卒業後、学生の頃からアルバイトしていたゲーム機の制作会社に6年勤務しました。電気回路に精通したところで、船舶無線の会社を経営している叔父から開発部門の担当を依頼され同社に入社し、タクシー無線のシステムのプロトタイプを開発しました。

 その後、アントレプレナーシップを発揮しながらも、叔父の理解を取り付け、大分県ITインキュベーション施設に入居、当社を設立しました。良い会社を作りたい、みんなで楽しく仕事をして、お客様に喜んで頂きたい、というのが、社長の理念です。

支援内容
 財団法人大分県産業創造機構では、専門家派遣制度により、ISO取得を支援し、同社は、ISO9000を取得しました。

 また、展示会を紹介し同社は、展示会に出展しました。

企業者の声
代表取締役
村井雄司氏
 インキュベーション施設ができるので入居してはどうか、と大分県庁の方から紹介され大分県iプラザに入居しました。以来、県支援センターやインキュベーションマネージャー(IM)に相談することによって、事前に情報を得られるため、リスクを回避しながら成長しています。

 現在は、3年の入居期間が終わったため満期退去して民間の賃貸ビルに入っていますが、年末には、自社ビルが完成する予定です。ビジネス・インキュベーションは、起業者にとって非常に良い仕組みだと思うので、将来的には自分で手がけてみたいという夢があります。

 インキュベーションを卒業してもIMから声がかかり、ビジネス講座等の講師を依頼されたり受講したりしているのもありがたいです。これからは、人材の確保にもこうしたネットワークが生きてくるものと期待しています。

担当者の声
 株式公開を夢として語る経営者は珍しくないですが、同社は、本気で取り組んでいます。徹底的な情報公開と根拠資料の開示が求められるので、技術型の経営をしていた同社の従業員は、備品一つ持ち出すのも手続きが必要となるため、面くらうことも多いと思いますが、食い下がって頑張っています。

 IMとしても、常に勉強しなければついていけません。大変ですが、おかげでスキルアップにもつながると思って、勉強していく所存です。

企業基本データ
代表 代表取締役 村井雄司
住所 大分県大分市生石4-2-10 野津運送ビル1F
電話 097-514-3720
e-mail mc@mcinc.jp
URL http://www.mcinc.jp
従業員 30名
業種 ソフトウェア開発等の情報サービス業
主要製品 「エムロケ」(50台程度の車輌を持つ中小運送業向けの管理システム)
「新視令4」(タクシーのデジタル配車システム)
自治体向け防災システム開発、その他受託業務