HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
現状の明るさを維持したまま電気料金を半減できる「高効率反射笠」を開発
熊本電気工業株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、昭和46年10月設立以来、一般家庭の電気設備や高圧受電設備等、さまざまな電気設備の設計施工・保守管理を主な事業としてきました。平成15年になり、それまで培ってきた技術力を応用して環境部門へ進出し、工場・店舗等における省電力装置の開発を始め、平成17年に高効率反射笠「シャインブライト」を開発しました。

 この「シャインブライト」は、アルミ材に反射率を増すための特殊な物質を蒸着処理しており、さらにその表面には汚れを防ぎ効率を保つために酸化チタンを塗布しており、ランプ自体が本来もっている効力を最大限に発揮させ得ることから、現状の明るさなら半分の容量のランプで確保でき、結果として電気料金を半分近くに削減できるものです。

 工場等に取り付けられている放電球の反射笠を変更することで、消費電力の削減に伴う熱量の削減により、工場内(室内)の環境面の改善や、明るさを重視することによる作業効率の向上が図られます。

 また、従来の反射笠にはない、汚れ防止対策としての酸化チタンコーティング処理も施されていることにより、清掃にかかるコストが大幅に削減できます。さらには、CO2削減をもたらす環境を考えた商品の導入ということで、イメージアップ効果をもたらします。

 現在、「今提案…そして未来の省エネを考える」をテーマに、電気設備部門・省エネ部門・環境部門の3部門を主事業として、事業展開を図っています。
高効率反射笠「シャインブライト」

支援内容
 財団法人佐賀県地域産業支援センターでは、同社が新たに開発した「シャインブライト」の商品化・事業化に向け、次の点を中心に支援しました。



(1)「佐賀県ベンチャー交流ネットワーク」へ入会(平成15年5月) 会員・公的機関・オブザーバー相互の事業連携・情報交換等の場を提供


(2)「事業可能性評価委員会」へ上程(平成17年5月A評価) ビジネスプラン作成を支援、およびプレゼンテーションにつき助言、かつ事業プランA評価認定を受け、県庁での記者会見を設定、関連する支援策を紹介・斡旋

企業者の声
代表取締役
熊本重徳氏
 今回の高効率反射笠「シャインブライト」の開発に当たっては、適切な支援を得ることができ、感謝しております。今後とも、お客様の求める多様なニーズに対応できる企業を目指し、新商品開発に努めてまいります。

担当者の声
マネージャー
吉原定義氏
 約60%もの節電率を実現した有力製品であり、期待以上の売れ行きを見せています。商品構成も大型工場用から小型工場用、ショッピングセンター用、いか釣り漁船用と広がっており、今後、販売面を中心にお手伝いをしたいと思っています。

企業基本データ
代表 代表取締役 熊本重徳
住所 佐賀県佐賀市兵庫町大字渕3060
電話 0952-31-2250
e-mail main@kumamotodk.co.jp
URL http://www.kumamotodk.co.jp
従業員 10名
業種 電気工事業、省電力装置製造業
主要製品 高効率反射笠「シャインブライト」