HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
伝統産業「い草」と「木」の融合により新市場を開拓
株式会社トーシン 平成18年
企業概要
 当社は、豊かな水に恵まれた、福岡県大川市に本社工場を置く、花ござ、上敷き等のい草製品メーカーです。昭和46年に事業を開始し、地域の特産物であるい草で花ござや上敷きを製造・販売してきました。が、近年、中国等海外からの類似廉価製品の流入等により厳しい経営状況となってきました。

 この厳しさを乗り超えるため田中社長は、新商品・新用途開発に取り組み始めました。県の支援機関等との連携を図りながら、平成9年にコンパクトに折りたためる畳を開発し、平成13年には、オリジナルブランド「博多極(きわみ)」を、平成15年には、染料に八女茶を加えて染色した「筑後和(なごみ)」を、平成17年には、い草と光触媒を組み合わせ、室内空気の浄化作用を有する壁や床材等の室内用建材の商品化を図りました。

 更に同年、い草の表面に特殊フィルム加工を施すことにより耐久性を高める「家具または建材の表面構造体及び表面構造体の製造方法」を使用し、従来のい草製品の弱点を克服した、耐水性、防汚性、非水性、耐熱性に優れた新素材「スペック(speck)」を開発しました。

 なお、これらの開発製品は、特許や実用新案を取得しています。スペックとは、Special Press Eco Clean Keep の頭文字から名付けたものです。床材としてのスペック、畳、壁材のスペック・パネル及びスペック・クロス等を見本市に出展したところ、建設業者等から多くの引合いがあり、製品開発の成果が出てきているところです。

 更に当社では、今後2年間で、生産能力を拡張し、旅館、ホテル、病院、福祉施設等を初めとして、さまざまな業種にOEMにより商品を供給する体制を整備中です。
ユニット部屋

支援内容
 平成17年度、自社ブランド確立のため経営、人材、組織の強化を図るべく財団法人福岡県中小企業振興センターの専門家派遣制度を利用して経営の合理化を図ると共に、中小企業経営革新支援法の承認を取得しました。

 また、商品開発において、知的所有権に関する支援等により実用新案及び特許を取得し、更に拡販に向けた営業戦略の強化を実施中です。

企業者の声
代表取締役
田中範久氏
 経験豊富な財団法人福岡県中小企業振興センターのご指導により勇気を頂き、「念すれば花開く」研究の成果が1つ、2つ、3つと花開き感謝しています。

 これからも経営に関するご支援をお願いする次第です。

担当者の声
 開発した製品が、市場展示会や見本市で高い評価をうけ、製品開発の苦労が吹っ飛びました。関係者の方々に感激しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 田中範久
住所 福岡県大川市大字下牟田口123
電話 0944-87-3012
e-mail toshin@07ybb.ne.jp
URL http://www.toshin-speck-tatami.co.jp/
従業員 15名
業種 畳等い草製品製造業
主要製品 トーシンスペック・畳、花ごさ、い草商品