HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
オリジナル商品の開発に挑む!アパレル業における経営革新モデル企業
株式会社マシュール 平成18年
企業概要
 当社は、昭和46年1月に栄喜ソーイングとして創業しました。平成元年3月、現在地に新築移転と同時に法人化し、現代表者が2代目です。

 創業以来、子供服・婦人服等の受託生産が100%であったため、海外への生産シフトや国内での需要減退による影響で受注量が減少し、更に加工賃の低下も加わり、平成10年前後には売上高もピーク時の4分の1程度まで下落しました。県内に3箇所あった工場も本社工場のみとなり、神戸に出店していたアンテナショップも閉鎖する等、規模縮小を余儀なくされました。

 このように経営を取り巻く環境が悪化の一途をたどるなか、地域経済発展に寄与したいとの思いが強い山中社長は、「中小企業は継続することにより、地域経済の発展に貢献できる」との信念から、長年培ってきた生産技術をコアに経営革新に着手しました。その最優先課題として取り組んだのが、受託生産からの脱皮を目指すオリジナル商品の開発でした。

 手始めに、フランスで3年間のデザイナー修行を終えて帰国していた長男のスキルを活かした商品開発に乗り出し、これが当社の新しいビジネスモデルの基礎を築くこととなりました。今では、長男を筆頭にデザイナー3名、パターンナー2名と、クリエイティブ部門の人材も充実しています。

 今でこそ全国的に有名になった「よさこい衣装」(よさこい祭りのチーム衣装)のオリジナル商品を始め、介護施設や外食産業向けのオリジナルユニホーム、近年注目されはじめた防災用ベスト等、次々とオリジナル商品の開発販売を手掛け、多くのヒット商品を生み出しています。

 これらの経営革新で手掛けた新規事業は、インターネットをメインに取引も急増中で、売上高も順調な伸びをみせています。ユーザーからのオファーに対しても、素材提案はじめ、デザイン、パターン等にもクイックレスポンスで対応し、ものづくりの現場を持っている強みを活かした挑戦を続けています。
デザイン風景
 
昇華転写プリント風景

支援内容
 平成13年当時、山中社長は決意新たに経営革新に着手しますが、継続的に推進するには先行するコストをどう吸収するかといった課題がありました。そこで、この悩みを解決するためには各種支援制度の活用が最善策と考え、財団法人高知県産業振興センターに訪れました。

 まず、平成13年度に「ベンチャー商品市場調査事業」を利用して、オリジナル商品のマーケティングを実施しました。平成14年12月には経営革新法の承認を受け、これに基づき専門家の派遣を得て「経営革新計画」を策定しました。SWOT分析(経営環境に生じる機会と脅威に対して自社がもつ強みと弱みの明確化)や製造原価管理手法等が導入され、経営戦略が明確になる等の成果を上げました。

 次のステップとして、販路開拓の強化に取り組み、平成16年度、製造業のIT化を支援する事業「高知よさこい factory」に参加。同時にWeb担当兼営業マンを新規採用し、人材養成も併行しました。また、平成17年8月に、この制度の特徴である専門家の個別指導を利用してWeb診断を受け、その時のアドバイスによりホームページの大幅なリニューアルを図った結果、Webでの受注が急増しています。

 平成17年度には、タイミングよく独立行政法人中小企業基盤整備機構(以下中小機構)の中小繊維事業者自立事業にも採択されました。3度目の挑戦でした。振り返れば、山中社長の熱意と中小機構所属アドバイザーの指導の賜物です。この採択により、新商品の生産やWeb受注への対応が大幅に促進され、製造現場のインフラ整備が飛躍的に進みました。

 現在では、自社ブランド商品を扱う新規事業分野が売上構成の65%にまで成長しており、経営革新により新業態へと転換を成功させたアパレル業界におけるモデル企業といえます。

企業者の声
代表取締役
山中英作氏
 中小機構はじめ、地元支援機関の支援がなければ、ここまでの立ち上がりは遅れていただろうと思います。将来は「世界の踊り場への挑戦」をコンセプトに、海外におけるイベントツアーのプロモーションはじめ、世界の祭り衣装制作プロジェクトを立ち上げる予定です。

担当者の声
 山中社長は、情報化マインドが高く、同社は、平成2年にはCAD/CAMの導入や生産管理システムの構築を図る等、業界でも先進的なIT活用型企業でした。

 ここ10年来、外部環境の悪化による厳しい経営環境の中、持ち前の経営能力を発揮し、既存概念に捕らわれず新業態へと転換を成功させました。将来は高知県の宿毛市から海外展開を目論んで、大きく飛躍しようとしています。今後、ますます期待の持てる企業として注目されます。

企業基本データ
代表 代表取締役 山中英作
住所 高知県宿毛市小深浦714-2
電話 0880-65-8127
e-mail webmaster@mashur.com
URL http://www.mashur.com
従業員 30名
業種 縫製品製造業
主要製品 婦人服、子供服、オリジナルユニフォーム、よさこい衣装、各種イベント用衣装等