HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
上質で本物の家具のインターネット販売でお客様を拡大
株式会社RUSTIC TWENTY SEVEN 平成18年
企業概要
 安価な海外製品の流入で価格競争が厳しく、従来型の家具店では大きな成長が見込めない状況の中、業界団体の研修で訪れたアメリカで出会った「UNFINISHED FURNITURE」(未完成の家具)という店をきっかけとして開業しました。合板に木目のプリントを貼った見た目だけの家具を嫌い、無垢のパイン材、オーク材を使用した、使えば使うほど「あじ」がでる、上質で本物の家具を製造販売する専門店として、実店舗とネットショップを展開しています。

 高知という限られた商圏ではあまりにもニッチな商品であるため、開業当初からインターネット販売の可能性を考えていました。平成14年1月開業とともにスタートしたサイトに加え、平成17年4月にはアンティークパイン家具の専門サイト、平成18年3月には英国パイン家具専門サイトの計3つのサイトを起ち上げ、同年9月には東京で展示会を開催する等、更に事業の拡大を図っています。

 ホームページ作りには今も苦闘していますが、「e商人養成塾」はもとより、県外のネットショップオーナー団体にも参加しています。いかにお客様に安心して購入して頂くかを念頭に、学んだ事をすぐに実行するスピーディーなホームページ作りが、売上の向上に一役買っています。

 本物の家具を提供することを使命と考え、現状に満足せず、品質の追求、サービスの徹底、安定的な供給等をすすめ、日本はもとより世界に通用する家具メーカーになることを目指しています。
ホームページ
拡大図
 
パイン材の学習机

支援内容
 同社は、平成17年に「e商人養成塾」に入塾し、著名なネットショップオーナーやコンサルタントを講師に迎えた年4回のオープンセミナーや数回のクローズセミナー、勉強会に参加しました。ネットショップ第一人者から個別指導、メーリングリストを活用したオンライン指導を受け、現在は塾の目標である月商100万円を大幅に超える売上をあげています。

 平成12年度に財団法人高知県産業振興センターの事業として始まった「e商人養成塾」は、平成17年度から任意団体「e商人養成塾」として活動していますが、当センターは事務局やセミナーの開催で塾の活動を支援しています。この「e商人養成塾」は、OBの精力的な活動によって、自分が得たノウハウを皆で共有するというお互いを高め合う精神が醸成されており、情報交換、研鑽の場として有効に活用されています。

企業者の声
代表取締役
藤田昌也氏
 インターネット販売を進めるにあたり、一から独学でのWebサイト作りには限界があり、「e商人養成塾」のセミナーに参加するようになりました。講師の先生のひと言ひと言が目からウロコが落ちる思いでした。今では売上の9割をインターネット販売が占めるようになっています。

担当者の声
 大きな目標に向かい、常に先の展開を考えてエネルギッシュに行動する姿は、他のネットショップオーナーの良い刺激となっています。同社の更なる飛躍を期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 藤田昌也
住所 高知県香美郡夜須町手結山1712-12
電話 0887-57-7112
e-mail pine@rustic.ne.jp
URL http://www.rustic.ne.jp
http://www.pinetum.jp
http://oakkagu.com/top/top.html
従業員 14名
業種 家具製造販売業
主要製品 パイン家具、オーク家具