HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
蜂蜜加工食品・びっくり、蜂蜜がシートになった!
有限会社サンビーフーズ 平成18年
企業概要
 当社は、蜂蜜の食卓への定着化と若者の「蜂蜜離れ解消」のため、平成17年10月に設立したばかりの会社で、地元を中心に蜂蜜の製造・販売を行っています。

 代表取締役である新居田総一郎氏は、ある有名食品会社の研究室で15年間研究業務に携わった後、妻の実家が経営している養蜂園での勤務を経て、独立しました。健康によい食品を安心・安全に届けるという経営理念を強く持って経営にあたっています。

 蜂蜜を固形化した「ミツバチのつぶやきハニーシート」の製造及び販売が主な事業です。蜂蜜の抱える潜在的な欠点(べとつく、垂れる、固まる)を解消し、業界初のシート状に成形したところに商品の特徴があります。蜂蜜1回分が簡単便利なシート状になっており、パンにのせるととろけるのです。サンドイッチに挟んでも食感の効いた風味豊かな蜂蜜を食べることができます。

 蜂蜜シートを市場受けする製品形状にすること、パッケージデザインを改良すること、販路の開拓を行うこと等が課題となっています。プロダクトデザイン、パッケージデザインの改良や販路開拓については、愛媛県の「愛媛のものづくりデザイン戦略モデル事業」に採択されましたので、デザイナーの指導を受けて、企業としてのイメージアップを高めるとともに、「ハニーシート」のブランド化を図っていくつもりです。
ハニーシート

支援内容
 国産蜂蜜の消費が中国産蜂蜜に押されて落ち込んでいる中、同社では、蜂蜜をあまり食さない若年層を主なターゲットにして、国産蜂蜜の市場を掘り起こすことになりました。そこで、食感・使用感の悪さを改良するための研究開発支援として、「チャレンジプラン」の事業を活用してもらいました。

 財団法人えひめ産業振興財団の「チャレンジプラン」事業による研究開発では、液状の蜂蜜を固形化した試作品を完成させましたが、事業性が高いと判断したため、当財団の「コマワリ」事業を利用して、地元や東京での販路開拓調査を支援しました。地元や東京で給食事業を展開している企業や食品卸業者・小売業者等に売り込むための調査を実施し、年少者から高齢者まで幅広く、特に蜂蜜離れの目立つ若者世代にとっては、「新感覚の栄養食品」として受け入れられるという結果になりました。

 その他、デザイン面等の改良のための補助金の申請に協力し、採択されました。なお、東京で開催された展示会「第20回東京ビジネス・サミット2006」への出展協力等をさせて頂きました。

企業者の声
代表取締役
新居田総一郎氏
 財団法人えひめ産業振興財団には、成分分析データ取得での協力や試作材料購入のための補助金獲得等で尽力頂きました。

 また、特許取得に際しては、助言や関係部署のご紹介を頂き、特許申請にまでたどりつきました。大変感謝しております。

担当者の声
 蜂蜜を固形化するというアイデアにはインパクトがあり、研究段階から調査段階まで全面的に協力をしました。商品として、地元や大阪・神戸等のスーパーでの取り扱いも開始されております。今後も引き続き支援を行ってまいります。

企業基本データ
代表 代表取締役 新居田総一郎
住所 愛媛県松山市太山寺町乙683-6
電話 089-978-6648
e-mail soniida@cameo.plala.or.jp
URL
従業員 3名
業種 食料品製造業
主要製品 みつばちのつぶやき・ハニーシート

提携に関する情報
 パッケージデザインの開発等行っています。一新された商品が全国の食卓に飾られることを願います。