HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新たな広告媒体・人型のパネルを並べて、商売繁盛!
株式会社ミミックプロモーション 平成18年
企業概要
 当社の代表者の十亀孝氏が、財団法人えひめ産業振興財団の創業準備室で事業計画や収支計画を練り、平成18年度愛媛県新規成長ビジネス創出等支援事業に採択され、愛媛県の補助金を受ける予定です。更に、同財団主催「キャリアドベンチャー選手権」での最優秀賞の獲得等により、事業化の目途が立ったため、平成18年10月に法人化しました。

 十亀氏は東京の学校で映像・音響制作技術を学び、卒業後愛媛県に帰郷しました。地元では学校で学んだ映像・音響制作技術をフルに使い、映像制作及びプロデュースに携わることで各方面から高い評価を受けました。

 当社の事業内容は、等身大の人型のパネルを行列として並べ、集客率のアップを図る事業です。イベント等における広告宣伝がチラシやポスター等単なる「紙」であったものを、「人型パネル」を取り入れることによって店頭でのPR効果及び集客率のアップとなり、販売促進が図られます。これまでにも、各種イベント等で人型パネルを利用し「注目度の高い」等の理由で高い評価を受けています。

 他の広告媒体と比較した本商品の特徴は、価格は安価、制作時間は短時間、注目度は不特定多数の人に対し行列心理を発生させる抜群の効果、新鮮度は模様替えを容易にできるため常に新鮮、対象年齢は同世代のパネルを並べることにより広範囲に及ぶことです。

 問題点は、人型のパネル自体は大手の印刷会社で制作可能であるため、事業のマネをされる危険が大きいことです。しかし、当社は常に斬新な発想を持って対応していくことで、市場の拡大を目指しています。
人型パネル

支援内容
 同社は新商品、新製品等を開発するグループに対して助成するチャレンジプランを活用し、「人型パネルを行列にした広告媒体」を開発しました。

 広告媒体に対する評価は予想を上回るものがあり、事業化を目指す決心をされたため、その支援として財団法人えひめ産業振興財団の創業準備室の入居に至りました。

 起業するために必要な経営、販路開拓、資金調達等のアドバイスを行うなかで、愛媛県が新規性・市場性が認められる事業を立ち上げる個人等に対して補助をする「愛媛県新規成長ビジネス創出等支援事業」への申請に協力し、採択に至ることができました。更に、愛媛県の主要企業約50社で行われるプレゼンテーションでも支援し、最優秀賞を獲得することができました。

 法人設立に際しては、法人化に必要な書類作成や登記等その他法人設立に必要な手続きを代行する司法書士の謝金・旅費を当財団が負担するメニューである「コマワリホージンBan」の支援をしました。

企業者の声
代表取締役
十亀孝氏
 財団法人えひめ産業振興財団は、本事業にいち早く着目し起業方法をお教え頂きました。ビジネスの基本を学ぶとともに、起業に向けて健全な道のりを歩むことができました。今後も同財団との交流を一層深め、地域の発展に貢献します。

担当者の声
 ありそうでいて無いものであり、初めて見た時はびっくりしました。事業性については不透明な状況から開始し、ビジネスプランの作成等着実に段階を踏んで歩み続けた結果、法人設立まで至ったことに感謝されました。今後もより多くの起業される方を支援します。

企業基本データ
代表 代表取締役 十亀孝
住所 愛媛県松山市立花3丁目8-28-805
電話 089-913-5514
e-mail mimic-02@nbn.ne.jp
URL http://mimic2.web.fc2.com/
従業員 2人
業種 製造業
主要製品 人型パネルを活用した広告媒体事業

提携に関する情報
 新しい広告媒体として広く普及させたいため、代理店の募集を行っています。