HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
新たなグリーンインテリア−無菌状態のガラス管の中で育つ観葉植物で事業展開
有限会社グリーンサクセス 平成18年
企業概要
 当社は、東京の広告会社に勤務していた西内利彦氏が帰郷を機に、平成5年10月に法人を設立しました。設立当初からシクラメンやコチョウラン等花の卸業を約10年間行ってきましたが、限界が見え始めたため、「インビトロプランツ」の研究に着手し、愛媛県農業試験場の指導も受け、技術的部分でめどが立ったことから、平成17年からは「インビトロプランツ」の製造・販売を本格的に新事業として営むことにしました。

 「インビトロ」とは「ガラス管(試験管)内で」という意味のバイオテクノロジー用語で、インビトロプランツは、バイオテクノロジーの技術を応用して創られた無菌状態のガラス管の中で育つ観葉植物です。ガラス管内の培養ジェルは、植物の成長に必要な栄養素が全て入っているため、水やりや手入れの必要がなく、まったく新しい形式のグリーンインテリアです。

 今後の課題としては、作業場が創業当時の花の卸業の設備になっているため、「インビトロプランツ」を効率良く生産できる環境を作る必要があります。また同時に、今後の大量注文に対応するための作業場の増築も検討しています。
インビトロプランツ(ウッドスタンド5本セット(M))

支援内容
 財団法人えひめ産業振興財団に販路開拓の支援で来所されました。「インビトロプランツ」は新規性が高く、事業性も十分あると判断したため、首都圏に視野を向け、当財団が支援している東京での展示会に出展しました。更なる首都圏での販路開拓調査をするため、当財団の支援メニューである「コマワリ」を適用しました。

 また、愛媛県と都市銀行及び地元銀行が主催して愛媛県外の企業とのマッチングを行う「愛媛プロダクツ県外市場チャレンジ事業」への申請補助も行いました。

 更には、国内市場ばかりでなく海外にも視野を広げており、他の支援機関(財団法人今治地域地場産業振興センター)を通じてニューヨーク展示会バイヤーを紹介し、ニューヨークの展示会にも出展し、さまざまな方面から注目を集めています。

 そうした支援とともに新聞やラジオ等の各種メディアに対してもアピールし続けています。

企業者の声
代表取締役
西内利彦氏
 商品の製造・流通についての基本的知識・ノウハウを具体的にご指導して頂き、非常に役に立ちました。また、支援して頂いているおかげで、大手企業様とも商談する機会をもて、方向性も見え始めました。

担当者の声
 展示会出展支援や販路開拓調査等において非常に高い評価を受け、愛媛県を拠点として国内更には海外へと広がればと思っています。一緒に活動してきたことに対し喜ばれており、一人でも多くの方と喜びを分かち合いたいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 西内利彦
住所 愛媛県松山市高山町1-17
電話 089-952-0272
e-mail green-s-info@chive.ocn.ne.jp
URL http://www.green-success.net
従業員 1名
業種 製造業
主要製品 インビトロプランツ

提携に関する情報
 上手に育てれば、やがてきれいな花が咲く。そんな愛着がある商品です。