HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
建築工事・管工事の施工・監理業者が超熱伝導式熱交換器を活用し屋根融雪システムを開発
株式会社 ジャスト東海 平成18年
企業概要
 当社は、平成2年に志賀社長の実兄が経営する建設会社の山口営業所として設立され、平成6年に建設資材部門として分離独立した会社です。

 建築・管工事の施工・監理を通して、消費者のニーズを把握する中、床暖房システムの開発等も手掛け、製造業としての事業活動も充実してきています。意欲的に新製品開発を進めるとともに、開発した新商品を既存商品と組み合わせて販路開拓に臨むことで、常に消費者のニーズ把握にも留意し、企業経営の向上に努めてきています。

 現在、自社開発の温水式床暖房システム「エアーボード」や超熱伝導式熱交換器「サーマルクイック」等を製造販売しております。「エアーボード」は、床壁の内側にジグソーパズル式の断熱材、放熱板、配管路を一体化させたパネルを組み込むもので、クリーンで暖かいうえに経済的な床システムです。「サーマルクイック」は床暖房だけでなく天井冷房や屋根融雪、タオルウォーマー等、さまざまな製品にも利用しています。

 屋根融雪システムは、地下熱を利用したシステムで、雪下ろしを不要にするものです。商品名は「雪消え(ゆきえ)ちゃん」といい、当社技術の粋を集めて開発しました。その仕組みは、熱伝導性が一気に上がる性質(超熱伝導性)を利用し、熱をよく伝える特殊な金属を使い、地下熱を屋根まで循環させるシステムです。ランニングコストが極めて少なく、省エネルギーで、二酸化炭素の削減効果も大きなものとなっています。地球に優しい「雪消えちゃん」は、安心・安全な雪国の必需品といえます。

 当社は、山口大学、山形大学、国内企業各社との技術交流も熱心に行っており、その成果を活かして、今後も技術開発を積極的に進めていこうと考えております。
融雪システムのイメージ

支援内容
 平成14年3月に「エアーボード」が山口県から経営革新計画の承認を得ました。平成15年9月には、財団法人やまぐち産業振興財団の事業可能性評価委員会では、事業成立の可能性が大きいということで「サーマルクイック」をA評価に認定し、総合的・継続的な支援を決定いたしました。これを受け、当財団では同社を重点支援企業に選定し、各種展示会への出展やプレゼンテーションの場の提供等の販路開拓支援や技術開発支援を行ってきました。

 平成17年度には、「屋根融雪システム」の新連携計画申請のための支援を実施し、その結果、中国経済産業局から計画認定を受けることができました。その後、同計画は、山形大学での実験が成功し商品化にこぎつけました。平成18年度は、「2006NEW環境展」への出展支援、新たな経営革新計画作成に向けた支援等を行っています。

企業者の声
代表取締役
志賀 均氏
 温水式床暖房「エアーボード」で経営革新計画の認定を頂き、このことが、その後のさまざまな製品開発につながり、多くの商品を生み出すことができました。

 屋根融雪事業では、中小企業新事業活動促進法の新連携認定を受けることもでき、感謝しています。

担当者の声
サブマネジャー
高橋紀之氏
 同社は中国経済産業局、山口県、山口県宇部市、財団法人やまぐち産業振興財団等から各種支援を受け、ユニークなアイデアを次々と商品化し、全国販売を行っています。新連携計画の認定を受けた屋根融雪システム「雪消えちゃん」は、地下熱を利用した環境にやさしい低ランニングコストの雪下ろし不要の設備です。

 豪雪地帯の人々への福音となる商品として、今後の伸びを期待するとともに、山口県の成長企業として、ますます発展していくことも期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 志賀 均
住所 山口県宇部市厚南区上中野
電話 0836-44-0550
e-mail just8411@ymg.urban.ne.jp
URL http://www.ymg.urban.ne.jp/home/just8411
従業員 13名
業種 建築工事、建設資材製造
主要製品 温水式床暖房システム「エアーボード」、超熱伝導式熱交換器「サーマルクイック」、乾式置床「アジャストフロアー」