HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
低価格の画像・動画変換エンジンで、モバイル業界のスタンダードを目指す
株式会社マーキュリー・エンタープライズ 平成18年
企業概要
 阪本社長は、携帯電話のビジネスモデル創出を図っていましたが、端末間でのルールの違いがあり、画像変換で行き詰っていました。そこで、問題解決に力を注ぎ、画像処理技術者である高校以来の友人に協力してもらい、端末を選ばず適切に表示できる画像変換サービス「Picture Fitter(ピクチャー・フィッター)」の開発にこぎつけました。そして、平成15年12月に、当社を設立しました。

 携帯向けの静止画像変換エンジンとしては後発ながら、品質やコスト面で優位性を発揮し、ユーザーから高い評価を得ています。その結果、モバイル業界大手をはじめ、50社以上のコンテンツ制作会社に納入実績をもつまでになっており、新たなコンテンツプロバイダ―からの引き合いも着実に増加しています。

 静止画像に続いて、バイロメデア有限会社(広島市西区、福田稔社長)と共同で携帯向けの動画変換エンジン「Motion Fitter(モーション・フィッター)」を開発しました。いろいろな形式の動画ファイルを、各携帯端末の仕様に合わせた表示サイズ、フォーマットに変換し、配信します。動画変換は「国内では成功例がない」(阪本社長)なかで、初の動画変換サービスの販売と一般サポートを行っています。

 全国のモバイル企業を顧客に、「ユーザーとの細やかな接触を大切にし、ユーザーに満足を与えられる企業」を目指しながら、「広島を発信拠点として活動する企業」であり続ける方針でいます。
第5回ひろしまベンチャー育成基金贈呈式
 
さまざまな用途に合わせて画像表示を自在にコントロール

支援内容
 同社は、平成17年2月、「ひろしまベンチャー交流サロン」で「Pickure Fitter」のビジネスプランを発表し、同年9月には、財団法人ひろしま産業振興機構から情報提供を受け応募した「ベンチャー育成基金」の助成も得ることができました。

 さらに、同年10月の「ベンチャーひろばin東京」に出展し、首都圏での商品PRを、また、同年12月には「ひろしまベンチャー交流サロン」で動画変換エンジンの「Motion Fitter」を発表し、同機構からは商社や金融機関などとのマッチング、販路開拓等のアドバイスをしました。

企業者の声
代表取締役社長
阪本耕造氏
 友人と2人で立ち上げたベンチャーで、情報収集の時間がなく苦しい状況でした。こんなときに財団法人ひろしま産業振興機構・広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターからの支援情報の提供は、非常にありがたかったです。

担当者の声
 動画事業の開始を機に、産学官技術交流フェアへの出展支援など、広くPRの場を提供して行きます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 阪本耕造
住所 広島県広島市西区草津東2−2−8
電話 082-273-4855
e-mail sakamoto@mercury-enterprise.com
URL http://mercury-enterprise.com
従業員 2名
業種 携帯電話向け画像・動画変換エンジン開発・運営
技術系モバイルソリューション
主要製品 画像変換エンジン「Picture Fitter」、動画変換エンジン「Motion Fitter」