HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ハイクオリティ・ローコストな「ダクト洗浄システム」で環境保全を!
有限会社プロメンテ 平成18年
企業概要
 平成14年に、小松広明社長が、父親の経営する株式会社メンテックから独立し創業しました。広島にとどまらず全国を相手に、ダクト洗浄をメインにメンテナンス業務を行っています。

 当社が開発した洗浄システムは、洗剤を一切使用せずに、ダクト内壁に沿ってくまなく旋回するノズルから、1.2MPaという高圧の空気と、70℃以上の温水を噴射することにより、ダクト内の付着物を的確に除去する画期的な方法です。

 ダクト内をカメラでモニターしながら遠隔操作されるノズルが、障害物を避けて通りながら自在に動き、分岐管や曲管に加え、垂直方向8mまでのほとんどのダクトの連続洗浄を可能にしました。この特殊旋回ノズルの特性を活かし、高圧水による衝撃力と高温水による軟化作用等の相乗効果で、ダクト内の付着物を均一に取り除きます。

 当社の「ダクト洗浄システム」の特徴は、ダクトを分解せず、洗剤も使用せず、コスト削減と作業時間の短縮ができることです。しかも、飲食店等の厨房ダクトのしつこい油汚れにも薬液を使用しません。環境に安全な方法で、環境を保全・再生する洗浄システムとして注目されます。
空調ダクト清掃前
 
空調ダクト清掃後

支援内容
 同社は、平成17年8月、ビジネスプラン発表の場「ひろしまベンチャー交流サロン」に参加しました。その際、財団法人ひろしま産業振興機構では、ビジネスプランの作成を支援するため、専門家を派遣しました。

 当交流サロンでコーディネータを務める商社からお米の業界を紹介され、精米プラントのダクト洗浄を中心に取り組むことができました。

 さらに「ベンチャーメッセひろしま」へ出展し、また「東京広島県人会マッチング支援事業」に参加することにより、段ボールメーカーの大手である株式会社トーモクとの間で、印刷機ローラー洗浄請負契約が締結できました。

企業者の声
代表取締役社長
小松広明氏
 ベンチャー企業等、創業間もない企業にとって、ビジネスマッチングの場に参加できる意義は大きかったです。

 その後も、いろいろな情報を提供していただいたことから、広島県の「経営革新計画承認」や、「ひろしまベンチャー育成基金」による助成を受けられることにもつながりました。

担当者の声
 リピートユーザーの増加、施工代理店の募集、販促支援策の推進などを機に、さらなる飛躍が期待できます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 小松広明
住所 広島県広島市東区矢賀新町1−1−2
電話 082-890-4300
e-mail komatsu@promente.co.jp
URL http://www.promente.co.jp
従業員 5名
業種 ビルメンテナンス業
主要製品 プラント・建築メンテナンス、各種配管・ダクトクリーニング、洗浄システム・器具の開発・製造・販売