HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
脱臭・浄化・除菌に応える空気清浄機を開発、「健康と環境に役立つ商品を世に送ります」
株式会社メディシン 平成18年
企業概要
 当社は、医療品の卸売から衛生管理システムの構築まで幅広く手がける、環境改善と感染対策のトータルプランナーです。平成7年、弱酸性次亜水(殺菌水)の開発を機に、衛生管理システムを専門に扱うエスエム事業部を設置しました。そして、平成14年には、空気の脱臭・浄化・除菌を目的に、衛生用空気清浄機「エアーヴィクトリア」を発表しました。

 新製品「エアーヴィクトリア」は、専用活性炭を用いた吸着方式による脱臭システムと紫外線殺菌灯を装備し、強力な脱臭効果と殺菌効果をもつのが特徴です。新開発の専用吸着剤「PC−SV」は、吸着効率を追求した独自の形状に成形することにより、一般的な活性炭に比べて約60倍の脱臭能力を実現しました。ガス化した物質の処理も可能で、臭い成分に応じた吸着剤を使用することで150種類以上の臭気ガスに対応します。

 職場環境・生活環境の改善コンサルタントとして、水(弱酸性水)と空気(空気清浄機)による環境改善に取り組む当社には、これからも時代の要求に応えた事業展開による着実に前進していきます。
「エアーヴィクトリア」設置例

支援内容
 衛生システムのトータルプランナーとして衛生用空気清浄機の必要性を感じていた石田社長は、平成14年8月に新製品「エアーヴィクトリア」を発売しました。メインの医療施設向けは、高レベルの脱臭・殺菌能力が求められるため、継続的な開発・改良が必要でした。

 こうした新事業の展開にあたり、専門家の派遣を通してビジネスプランの作成などを支援したほか、平成15年3月に財団法人ひろしま産業振興機構・広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターが主催する「ひろしまベンチャー交流サロン」で製品のプレゼンテーションを実施し、その後、起業支援融資制度認定を受けて開発資金を調達するなど、総合的・継続的なサポートを行いました。

 また、平成16年には補助金「チャレンジ30技術開発事業」を受け、同年11月開催の「HOSPEX JAPAN2004」へ出展し、全国に向けて商品PRを行っています。

企業者の声
代表取締役
石田 勝氏
 平成14年8月に発売した「エアーヴィクトリア」は、メインの医療施設向けとしては高レベルの脱臭・殺菌能力が求められたため、継続的な開発、改良が必要でした。このため、改良資金の調達、販路開拓支援に至るまで大いに役立ちました。

担当者の声
 高性能空気洗浄機「エアーヴィクトリア」を核に、関東進出も果たし順調に業績を上げています。

 今後はこのベース技術を活用し、新商品の開発、新事業の展開が期待できます。

企業基本データ
代表 代表取締役 石田 勝
住所 広島県福山市野上町3−10−17
電話 084-931-5366
e-mail med@medicine-net.jp
URL http://medicine-net.jp
従業員 22名
業種 医薬品卸売業、調剤薬局運営、衛生管理システム開発・販売
主要製品 空気清浄機「エアーヴィクトリア」