HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
カビの核菌を元から取り除く新工法で、建物の洗浄・保護を革新
株式会社テムス 平成18年
企業概要
 当社は、平成元年に伊東社長が設立し、造園、外構を中心とするエクステリア(住宅の外観)の施工を中心に手がけてきました。そして、平成9年から、新技術「MOS工法」を核とする環境メンテナンス事業をスタートしました。

 この「MOS(モス)工法」(モールドアウトサニテーション)とは、従来のハウスクリーニングとは異なり、カビ(真菌)や菌類を根元から死滅させて除去し、これに加えて、防カビ処理を行い、長期間のカビ発生を防止する工法です。モルドアウト(カビ死滅)によるサニテーション(衛生確保)をもたらす意義をもちます。使用する特殊洗浄剤は、食品添加物に使用されている物と同じ成分を使用しているので、人体や動植物に安全で、環境にやさしい洗浄剤です。

 5年がかりで事業化し、平成14年に新事業を担当する子会社「株式会社テムスケミカル」を東京に立ち上げ、MOS工法によるクリーニングに使用する洗浄剤や保護剤等の製造と、この工法を使ったサービス代理店事業を展開しています。

 環境メンテナンス部門の売上は順調に推移しており、伊東社長の「お客さまに感謝して頂ける仕事」をモットーに成長軌道を描いています。
溶剤を使った施工中風景
 
施工前(左)施工後(右)

支援内容
 同社では、環境メンテナンス事業開始とともに、各種支援制度を活用しています。財団法人ひろしま産業振興機構では、新事業のスタートにあたり、専門家の派遣を通じて、ビジネスプランの作成や製品・技術開発を支援したほか、株式会社テムスケミカルを立ち上げた翌年の平成15年には「ベンチャーメッセひろしま」および「ベンチャーひろばin東京」への出展を促進しました。また「ひろしまベンチャー交流サロン」にも、平成15年、17年の2回参加し、MOS工法をアピールしました。

企業者の声
代表取締役
伊東良晃氏
 当初、広島県内では相手にされませんでしたが、財団法人ひろしま産業振興機構・広島県中小企業・ベンチャー総合支援センターがきっかけを作ってくれたおかげで関東で売れ出しました。

担当者の声
 伊東社長は「カビ博士」と呼ばれるほど、カビに精通しています。業績は順調に伸びており、平成18年9月7日に開催された「ひろしまビジネスマッチングフェア2006」には一般向けの新製品を出展され、さらなる拡販が期待できます。

企業基本データ
代表 代表取締役 伊東良晃
住所 広島県広島市佐伯区観音台2−21−33
電話 082-924-0384
e-mail info@tems-net.com
URL http://www.tems-net.com
従業員 8名
業種 造園、エクステリア設計施工、洗浄工事、洗剤販売
主要製品 MOS工法による建物等の洗浄・保護事業