HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
コルセット等の医療用品を開発。「通心販売」で大躍進
ダイヤ工業株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、昭和38年にい草のサンダルメーカーとして設立しましたが、その後、皮革小間物、袋物の製造業に転換しました。現在は、医療用品メーカーとして、開発から製造・販売までの一貫体制を整え、全国の接骨院向けに「通心販売」をしています。患者さんと手を取り合って歩み、患者さんの喜びが私たちの励みとなるような、そんなメーカーでありたいとの思いから「通心販売」としています。

 特徴は、

(1)腰用コルセットのバリエーションでは国内ナンバー1
(2)商品開発力に優れ1,000種を超える自社ブランド商品
(3)顧客のニーズを形にする「スピード」と「確かな技術」



 です。「顧客のニーズに応える医療用品の提供を通じて社会に貢献する」という経営理念を基軸に、平成14年に経営革新計画の承認を受け、平成18年には岡山県の経営革新大賞を受賞しました。

 商品が良いのは当たり前、顧客満足にはプラスαが必要という発想のもと、独自性豊かな商品開発と販売システムの両面強化を行うため、CSセンターを建設しました。15名のオペレーターが電話で注文を受け、PCの情報を元に対応するシステムで、ユーザーの声が直接反映できるようになりました。2ヵ月に2〜3個の新製品開発とブロードバンドの有効利用により、顧客サービスの強化に取り組んでいます。

 今後の課題は、接骨院市場におけるさらなる浸透と新市場開拓による第2の柱作りです。そのため、医療現場で培った技術をベースに、介護福祉用品や高齢者のトレーニング用品の開発も積極的に行っています。

 平成22年に向けてのビジョンとして「人が、生涯、人間的尊厳を維持し続けられる」ためのサポート企業となることを掲げ、この目標に全社一丸で取り組み、複合的なサービスができる企業への脱皮を目指しています。
CSセンター
 
コルセット「メッシュアクションギア」

支援内容
 財団法人岡山県産業振興財団では、CSセンター設立のためのハード面、ソフト面の支援と産学官連携による商品開発支援をしました。具体的には以下のとおりです。

(1)経営革新計画の承認支援
(2)専門家派遣によるIT化の指導
(3)商品展示会による販路拡大支援
(4)「ハートフルビジネスおかやま」:産学官連携による福祉・医療器具の開発支援

企業者の声
代表取締役
松尾正男氏
 社員の平均年齢が28.5歳と若い当社にとって、財団法人岡山県産業振興財団・岡山県中小企業支援センターからの専門家派遣やさまざまな角度からの献身的なアドバイスは大変ありがたいです。また、経営革新計画の承認による融資制度を利用し、CSセンターが建設できたことは、社員の意識高揚に大きく貢献しました。

担当者の声
サブマネージャー
松田眞司氏
 技術とIT化で革新を図り成長している企業です。社長の経営力にプラスして若く優秀な社員たちが集まり、将来性はたっぷりです。今後もできる限りの応援をしていきたいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 松尾正男
住所 岡山県岡山市大福1253
電話 086-282-1245
e-mail info@daiyak.co.jp
URL http://www.daiyak.co.jp/
従業員 50名
業種 医療用品製造業
主要製品 各種サポーター、コルセット類、衛生材料、健康用品

提携に関する情報
 商品開発の協力、販売提携を頂ける企業・機関がありましたらお願いします。