HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「放牧酪農」をテーマに『6次産業』に取組む学生ベンチャー
シックス・プロデュース有限会社 平成18年
企業概要
 当社代表取締役である洲浜正明氏は、島根県立大学在学中に「自然の中での放牧酪農とここから搾乳される牛乳関連商品の製造・販売」をテーマに、「1次」、「2次」、「3次」産業の融合化による「6次産業」を主眼とし、平成16年にシックス・プロデュース有限会社を創業しました。

 この起業については、元来洲浜社長の実家が大手の牛乳販売・配達業を営んでおり、小さい頃から「牛乳」に親しんだなかで、消費者に「おいしく」また「安心」、「安全」な牛乳を提供する方法を模索し始めたことがきっかけとなりました。

 また、県立大学の同級生とともに、財団法人しまね産業振興財団が主催する「起業家スクール」に参加しました。この中で、スクール講師の助言や同じ受講者仲間からのアドバイス等により、着実にビジネスプランを構築していきました。

 放牧酪農の乳牛から搾乳される牛乳は、その味が「濃厚」、「濃く深い」点が注目を集めており、現在地元の高級スーパーや広島県のフランス料理店を中心に取引を拡大しているとともに、徐々にではありますが宅配も増加しつつあります。また、地元島根県邑南町の「香木の森」横において、工場兼喫茶店舗を開設しました。アイスクリームやヨーグルト等の提供を行っています。

 島根県内及び中国地方においても「学生発ベンチャー」との観点から注目を集めていますが、現在の課題は更なる販路開拓であり、特に放牧酪農を強く打ち出した「シックス・プロデュースブランドの確立」を図ることにより、地道ながら着実なビジネスを展開する考えでいます。
「四季のめぐみ」

支援内容
 財団法人しまね産業振興財団が主催する「起業家スクール」に参加し、ここでビジネスプランの骨格を作成しました。また、その後の事業計画や収支・損益計画については、当財団・石見オフィスのインキュベーションルームに入居後、経営アドバイザー等からの助言・アドバイスにより、そのプランをより具体的なものとしました。

 更に、島根県農林水産部とのコーディネートを行い、島根県が配置する農業参入スタッフ等のサポートにより、工場や設備導入に対する農林関係の助成金の活用にも至っています。

 現在は、地元金融機関との連携のもと、同社のPR活動をサポートするとともに、島根県内及び山陽地域を中心とした販路開拓の支援を行っています。

企業者の声
代表取締役
洲浜正明氏
 創業時において、財団法人しまね産業振興財団のアドバイザー等からの助言・アドバイスにより、より具体的なビジネスプランを作成することができました。また、助成金の活用や県民ファンドの活用等のコーディネートを行っていただいた結果、円滑に創業することができました。

 現在は、大手スーパーや飲食店を中心とした販路開拓を中心にサポートして頂いており、大変感謝しています。体制的にまだまだ小さい企業であることからも、今後もサポートをお願い致します。

担当者の声
 放牧酪農をビジネスにするという難解な事業であった点や大学生による起業であること等、当初はその起業化に疑問視する点が多かったのですが、洲浜社長の堅実性及びバイタリティーが、これまでの成功をもたらしたと考えられます。

 しかしながら、組織体制としては未完成の部分も多く、今後は販路面における取引先の紹介の他、工場及び牧場において代表者の片腕となる人材の確保等についてもサポートしていきたいと考えています。

企業基本データ
代表 代表取締役 洲浜正明
住所 島根県邑智郡邑南町矢上3531-7
電話 0855-95-0118
e-mail eco@sixth-produce.co.jp
URL http://www.sixth-produce.co.jp/
従業員 4名(うちパート3名)
業種 乳製品製造業
主要製品 アイスクリーム、牛乳