HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
町のそば工場からメーカーへのさらなる進化を目指す
有限会社本田商店 平成18年
企業概要
 当社は、大正2年創業の歴史ある企業です。有機栽培のそばの実を石臼で挽いた本格派の生そばがオリジナル商品です。平成6年に郊外の工場団地に移転し、平成13年には自社製品について「有機JAS」(厳しい基準をクリアして生産されたオーガニック食品の証)の認定を取得しました。これを契機に、関東圏にも販路を拡大し今日に至っています。

 現在、「出雲そば」ではなく「奥出雲蕎麦」としてブランド化し、有機加工食品(そば、うどん)を強調して自社製品の付加価値を高めていく戦略を展開中です。県外の生協や百貨店、こだわり食材取扱店を中心とする取引が拡大してきており、徐々に成果が現れています。また、最近では海外取引もではじめ、市場拡大の期待が広がっています。

 今後の業容拡充を展望し、5代目社長となる後継者も社内で育成中であり、ここ数年の急激な受注増加に対応するための新たな体制づくりが急務となっています。
有機認定証明書
 
有機JAS原料を使用した「奥出雲蕎麦」

支援内容
 財団法人しまね産業振興財団では、同社の従来の町工場から製造メーカーへのさらなる進化に向けて、社内管理体制の充実を目指したマンパワー型の支援を行いました。

 具体的には、中長期経営計画作成のサポート、人事労務(組織体制、就業規則、給与基準等)に関する助言、在庫管理の徹底指導、生産管理の現状分析(ラインバランス分析、作業時間分析)、情報化アドバイス(管理ソフト買換検討サポート及び関連資料作成)等を実施しました。

 さらに、省力化設備の導入を設備貸与制度の利用によって実現し、生産性の向上をもたらしています。

企業者の声
代表取締役
本田正次氏
「町のそば工場からメーカーへの更なる進化」を目指す当社に対して、月2回ペースでの経営コンサルティングをして頂いており、大いに感謝しています。

担当者の声
 財団法人しまね産業振興財団のアドバイスに対する企業の取組み姿勢が積極的であり、レスポンスも早く好感が持てます。

 最新の経営実態を月次で把握、分析できる体制となりつつあり、所期のメーカーに一歩づつ近づいていることを実感しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 本田正次
住所 島根県雲南市木次町木次323
電話 0854-42-2100
e-mail konaya@tx.miracle.ne.jp
URL 準備中
従業員 17名
業種 製麺業
主要製品 有機そば「奥出雲蕎麦」、有機うどん