HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
鳥取発・日本初の有機米加工酒が東京の百貨店で売り切れ人気
中井酒造株式会社 平成18年
企業概要
 年々下降をたどる酒造業界にあって、当社は地方酒造メーカーですが、こだわりの有機農産物加工酒づくりと新たな販路開拓により光明を見いだし、確かな手ごたえを感じています。

 当社は、明治10年の創業以来、地方酒造メーカーとして地域で着実にシェアを伸ばしてきました。しかし、顧客の嗜好が洋酒・焼酎・ビール等へと移り「日本酒離れ」が進んだ近年、同業他社とともに厳しい経営環境にあり、業界の将来に危機感を抱きつつも新たな販路開拓と新商品開発を日々模索していました。

 こうした中で生まれたのが、「有機米の酒」です。「米作りから清酒までの一貫造り」を信条とし、数年前より自家水田での米作りや地域の限定した農家との契約栽培等に取り組んで「有機米山田錦」を育成し、これに山陰の名峰大山からの深度伏流水を活かして開発しました。

 地元の小さなマーケットだけでは販売の拡大が図れないことから、鳥取県、財団法人鳥取県産業振興機構等の紹介を受け、東京の有名百貨店への販売にこぎつけたところ、品質・味本位の嗜好ブームもあって連日売り切れる人気を集め、新たな販路の可能性を確信できました。

 また、海外への販路開拓に向け、ジェトロ、鳥取県、同機構等の支援を受け、中国の香港最大手スーパーの日本酒フェアへ出品し、当社商品が話題を集めて新たな取引が生まれています。更に、台湾、上海、ロサンゼルス等への販売計画も進行しており、首都圏、海外をターゲットとした販売戦略が実を結ぼうとしています。

 一方、地元では、水産業者、ホテルとタイアップして、酒と海産物とのコラボレーション販売を計画する等、新たな販売戦略を着実に実践し、地元酒造業界の大きな話題を集めています。
純米吟醸 黒門(左)
純米吟醸 野添(中)
純米大吟醸 無濾過原酒 丈(右)

支援内容
 財団法人鳥取県産業振興機構では、同社の、創業120余年の伝統に支えられて生まれた「有機米の酒」を中心として、展示会への積極的参加を促すとともに、県外デパート等への販売ルート開拓を支援しています。

 また、国内にとどまらず海外展開を目指す同社に対し、海外フェアへの出展、あるいは、実際の取引獲得活動等に関し、ジェトロ等と連携して総合的な支援を行っています。

企業者の声
代表取締役
中井俊郎氏
 販路開拓は、小さな枠の中だけで販売を考えるのではなく、広く視野を広げ、多くの人と交流を持つことから意外な方向へ進んでいくものです。このチャンスを鳥取県や財団法人鳥取県産業振興機構等の交流の場から得られたことは非常に大きいと思っています。

担当者の声
 こだわりの有機米加工酒製造に全力を注ぐとともに、広い視野で展開する市場開拓戦略が光る企業です。今後も、財団法人鳥取県産業振興機構海外支援部等を中心に、地元優良商品として国内外を問わず販路開拓支援を行っていきます。

企業基本データ
代表 代表取締役 中井俊郎
住所 鳥取県倉吉市中河原555
電話 0858-28-0821
e-mail yasio@apionet.or.jp
URL http://www.yasio.net
従業員 18名
業種 日本酒製造業
主要製品 有機米酒