HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
未知の可能性と汎用性を持った3Dのバーチャルリアリティ技術が本格始動
株式会社レクサー・リサーチ 平成18年
企業概要
 当社は、仮想空間における知的表現を可能とする次世代のバーチャルリアリティシステムを開発しています。製造業界から建築、介護、教育に至るまで幅広い用途での利用の可能性を秘めており、発表以来、全国の大手製造メーカー、試験研究所等から問合せが殺到しています。

 当社の開発したシステムは、従来の平面的な2次元から立体的な3次元、そして、それを更に飛び越えた、音声、図形、画像などのパターン認識や知識処理技術などの知的表現が可能なバーチャル画像システムです。現在は、製造過程における製造工程編集、製造ライン編集、製品の修理マニュアル、また、商品の紹介マニュアル等としての活用に注目を集めています。

 今後は、教育、プレゼンテーション、ムービー作成、介護体験マニュアル等の幅広い分野での活用も考えられることから、全国の大手メーカーからの依頼が着実に増え、試作・研究の日々が続いています。

 代表者は、家業を継ぐためにUターンしましたが、以前に勤めていた機械メーカーの研究員時代からの夢、また、大学時代から続けてきた研究を実現するために、起業しました。創業に当たり、国・県、鳥取県産業技術センター、財団法人鳥取県産業振興機構による研究・融資に関する支援を受け、研究開発とその実現化に取組みました。創業する多くの企業は社会的ニーズから開発に取り組んでいますが、当社はシーズから研究開発に取り組み、次世代ニーズを先取りしたシステムを構築した点で、希なベンチャー企業です。

 最近では、販路開拓・マーケティングのために、販売会社(株式会社レクサー・マトリクス)を設立し、東京に支店を設置し、着実に成果をあげています。当システムの未知の活用領域における汎用性と可能性を考慮すると、生産・販売・サービス部門の現実社会が仮想社会へ変換されるのも遠くないと感じています。
生産工程手順設計画面
 
三次元電子マニュアル

支援内容
 財団法人鳥取県産業振興機構では、創業時から関与し、システム研究開発については、中小企業創造活動促進法の認定等について支援を行いました。また、販売会社である株式会社レクサー・マトリクスに対しては、総合サービス提供型ソリューション・ビジネスの展開を、経営革新計画の策定を通じて支援しています。加えて、設計ソリューションフェアへの出展等についても、鳥取県の制度を紹介する等、支援を行っています。

企業者の声
代表取締役
中村昌弘氏
 ソフトウェアの研究開発において、未開拓の分野であるバーチャルリアリティシステムの開発にいち早く着手できたのは、鳥取県産業技術センターや財団法人鳥取県産業振興機構の支援がキッカケとなっています。これによって培った成果を励みとしながら、経営、研究を進めていきたいと思っています。

担当者の声
 バーチャルリアリティシステムは、世界でも最先端な技術として注目を集めるとともに、大きな可能性を秘めた製品として、今後ますますの活躍が期待されます。

企業基本データ
代表 代表取締役 中村昌弘
住所 鳥取県鳥取市千代水2丁目98番地
電話 0857-37-3333
e-mail info@lexer.co.jp
URL http://www.lexer.co.jp
従業員 15名
業種 情報通信・ソフトウェア業(ソフトウェア研究開発)
主要製品 eReality(三次元空間表示システム)