HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
こだわりに愛情を込めた梅干を、通信販売システムで全国へ!
株式会社オカハタ 平成18年
企業概要
 当社は、和歌山県内屈指の梅干製造メーカーである株式会社岡畑農園の産地直送販売会社として、平成2年9月に設立しました。通信販売方式による自社製造商品の産地直送を主業とする他、JR紀伊田辺駅前に直営販売店を持ち、工場見学等も広く受け入れており好評です。

 当社が持つ他社にない特徴・強みは「こだわり」です。

 1つは「原料へのこだわり」です。生梅の品種は、広く知られている「南高梅」にとらわれず、品質が良く栽培が難しいとされている「紀州産の樹上完熟梅A級品」を、自社農園をはじめとする現地契約農家から仕入れています。

 次に「品質へのこだわり」です。製造設備についても各種検査機器を備えた独自の研究室をもち、原料については専任スタッフによる農薬検査機器を使用した全品検査を、製品については毎日の分析調査を行い、規格にあったものだけを出荷しています。

 工場内は常に清掃を徹底したうえで、24時間365日体制で15℃〜20℃に温度管理され、夜間は高濃度オゾンガスによる殺菌を実施しています。使用する水についてもオゾン水生成装置によるオゾン水のみを使用する等、衛生面の管理も徹底しています。

 そして「環境へのこだわり」です。工場の排水管理を徹底し、24時間体制で汚泥ゼロを目指しており、今では工場下流の川では蛍の乱舞が見られます。

 これらのこだわりから産まれた「幻の梅」、「うまい梅」、「かつお風味味小町」、「庭園梅しそ漬」等の梅干商品は、「梅干のイメージをくつがえしたウメボシ」として多くのリピーターを呼んでいます。また、梅酢を原料とした飲料水「梅宝水」はクエン酸・ビタミンCを多く含み、サッパリとした味わいで特に女性に人気が高い逸品です。更に、梅干を使ったオリジナル料理を考案して「オカハタの梅料理レシピ集」を発行する等、新しい顧客の開拓にも力を入れています。
社屋

支援内容
 財団法人わかやま産業振興財団は、同社における通信販売システムの更改にあたり、ITコーディネーターの派遣による支援を行いました。

 複数のシステム会社から提案を受けていたものの、それを評価するための基本資料が作成されていなかったため、まず同社側がシステムに求める要件の明確化に取り組みました。自社に適合したシステムを導入するためには、現行業務フローの把握、現行システム機能の把握、及び、次期システムの導入により改善したい業務フローの概要、次期システムに盛り込みたい機能等について検討し、それらを整理・記載したRFP[Request for Proposal](提案依頼書)を作成の上システム会社に提案させることがポイントです。

 こうすることで、システム会社からの提案(当社にマッチしているかわからない)を検討するのではなく、同社の提示要件にもとづいてシステム会社に提案させることが可能となります。

 今回は、主にこのRFP作成支援を行いました。具体的には、SWOT分析(経営環境がもたらす機会と脅威に対して自社がもつ強みと弱みの把握)を実施し、現状分析、次期システム検討、移行・教育計画等についての実行方法、ポイント・書式等を例示し、成果物としてシステム会社に提出する提案依頼書を作成しました。

企業者の声
代表取締役
岡畑精一氏
 ITコーディネーターに来て頂くことにより、当社のシステム内容の再確認ができました。システム移行の業務というのは、RFP(提案依頼書)を作成し、数社のシステム会社に提示・プレゼンした上で業者選定しなければいけないということがとても勉強になりました。システム移行がスムーズにできそうで、感謝しています。

担当者の声
 7月中旬〜8月末という短期間で10回の訪問を行い、課題を解決していくという強行スケジュールでしたが、担当者の方は日常業務を抱えながらも熱心、かつ真摯に取り組まれました。RFPによる数社からの提案評価によってシステム会社が決定し、来年4月の業務開始に向けて忙しい日々が続くと思いますが、同社にとって最適なシステムとなるよう頑張ってください。

企業基本データ
代表 代表取締役 岡畑精一
住所 和歌山県田辺市上芳養1843
電話 0739-37-0106
e-mail info@okahata.com
URL http://www.okahata.com
従業員 11名(グループ全体65名)
業種 食品販売業
主要製品 梅干製品