HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
見せないセキュリティー、USBメモリを鍵にパソコンの重要データを暗号化!
株式会社アイティーシステム 平成18年
企業概要
 当社は、平成12年、社長が生産管理システム・経理システム等の受託開発、IBM社サーバ用のツール系パッケージソフトの開発を主な事業として創業しました。

 システム開発の技術を活用し、セキュリティソフトの開発・販売事業を平成16年より開始し、現在「IT−HardLock」をはじめ各種セキュリティソフトを開発し、販売を行っています。

 今後はセキュリティソフトのメーカーとして、コンピュータの重要データを強力に守る新しいセキュリティの提供をめざしています。

 当社は、ソフト受託開発からスタートし、自社製品の製造販売会社への転換を目指しています。

 なお、当社セキュリティソフト「IT−HardLock」は、鍵にUSBメモリを使用するもので、登録したファイルやフォルダを、鍵であるUSBメモリを抜くと自動で暗号化して隠し、元のファイル・フォルダを完全削除しますが、USBメモリを差し込むと、復号化され元通りになるというソフトです。更に、鍵がなければファイルやフォルダの存在は分からないうえに、「IT−HardLock」も隠れて動くので、重要データを隠していることも秘密にできるシステムです。

 個人情報保護法の施行や各企業の情報セキュリティのニーズは、今後も増加することが予想され、当社の提供するセキュリティソフトの需要の増加が期待できます。
アイティーハードロック
写真一覧

支援内容
 財団法人ひょうご産業活性化センターは、同社の「IT−HardLock」の高い技術力を評価し、平成17年「中小企業支援ネットひょうご」の成長期待企業として選定しました。

 これを受けて、事業の一層の成長に資するために次のような複合的支援を行いました。

(1)支援センター担当マネージャーの指導助言にもとづく、「IT−HardLock」の販売促進のための市場戦略構築(マーケティング調査による製品の販売戦略の提案)
(2)専門家派遣事業:専門家による販売戦略の実践のための指導助言
(3)マーケティング・ナビゲート事業:大手企業OB等の登録ナビゲーターによる販売先企業の紹介
(4)支援センター担当マネージャーによる販売先企業の紹介


 更に、平成18年3月には、当活性化センターが出資している「ひょうご産業活性化ファンド投資事業有限責任組合」から投資を受けることができました。

企業者の声
 支援事業については、ほとんど何も知りませんでしたが、マネージャーの対応が大変よく、いろいろ教わりながら資料等の作成ができ財団法人ひょうご産業活性化センターを効率よく活用できました。

 まだ、知らない経営者が多いと思いますので広報活動を頑張ってください。

担当者の声
 個人情報保護法の施行により企業の情報管理が問われている時代に、それを支援する製品の開発力を評価して、成長期待企業として選定し、必要な支援をタイムリーに実施しました。

企業基本データ
代表 代表取締役 前田勇
住所 兵庫県神戸市中央区東川崎町1丁目8-4 神戸市産業振興センター706号室
電話 078-367-4620
e-mail info@its-kobe.co.jp
URL http://www.its-kobe.co.jp/
従業員 9人
業種 セキュリティソフトの開発・販売、パッケージソフトの開発・販売、システムコンサルティング業務、ソフトウェアの受託開発、技術者の派遣業務、ネットワーク関連の販売及びコンサルティング
主要製品 アイティーハードロック、アイティーガード
リアルキャプチャー、アイティークリプター

提携に関する情報
 OEMも含めてSI事業者とで代理店契約や業務提携を希望します。

 PCへのバンドル化等でも事業提携を希望します。