HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
若い技術者集団が「挑戦と創造」で世界市場を目指す
株式会社ヤマシタワークス 平成18年
企業概要
 当社は、昭和61年に社長が菓子メーカーを脱サラして研磨加工下請会社として創業し、昭和63年には金型製造に進出しました。

 主力製品は、冷間鍛造金型部品(ピン・パンチ)の製造です。これらは主に自動車産業向けで、近年は薬品業界向けの錆びない高硬度の新素材を開発し、金型及び部品の受注も増えています。

 また、創業以来の研磨加工部門においては、従来手作業で行っていた金属表面の鏡面加工を、熟練や経験を必要としない加工法(エアロラップ)を開発し、鏡面仕上作業・精密研磨作業・微細バリ取り作業の高速化・高品質化・品質安定化を可能としました。この加工法は、社長がコーティング技術の市場性に着目し、特に異形状の金属部品にコーティング可能な特殊技術の用途の広さに活路を見出した結果といえます。

 現在はそのエアロラップ技術で、コーティング・切削工具・金型・医薬品メーカー等多分野の市場創出に成功しています。

 エアロラップの特徴は、

(1)食品素材からなる適度に湿気を帯びた研磨材の開発に成功し、これによりブラスト工法では実現できなかった鏡面仕上を可能としたこと
(2)治具等をセットする必要や形状にこだわる必要もないため、複雑な形状の品物も短時間で加工できること
(3)研磨材のリサイクルが可能なこと
(4)簡単な講習を受けることで誰でも簡単に鏡面加工が可能であり、更にその作業そのものの再現性も良くなること
(5)環境にも負担をかけにくい工法であること

等です。

 当社の経営理念は「挑戦と創造」であり、若い技術集団のパワーと創造力でベンチャースピリットを作り上げています。

 更に平成17年、タイに金型製造工場を建設し、製造を開始しています。
本社工場
写真一覧
 
製品
エアロラップ
写真一覧

支援内容
 財団法人ひょうご産業活性化センターは、同社の「エアロラップ」の高い技術力を評価し、平成17年「中小企業支援ネットひょうご」の成長期待企業として選定しました。

 これを受けて、事業の一層の成長に資するために、次のような複合的支援を行いました。

(1)専門家派遣事業:専門家による現場改善等に関する指導助言
(2)マーケティング・ナビゲート事業:大手企業OB等の登録ナビゲーターによる販売先企業の紹介

企業者の声
代表取締役
山下健治氏
 経営専門家の支援を得て、生産活動の見直しや改善を推し進めています。指導により生産能力向上と原価率の低減が図れました。

担当者の声
 高い技術力と企業として向上しようとする姿勢を評価し、同社を成長期待企業として選定し、必要な支援をタイムリーに実施しました。

企業基本データ
代表 代表取締役 山下健治
住所 兵庫県尼崎市次屋2丁目1番8号
電話 06-6496-4566
e-mail works@soleil.ocn.ne.jp
URL http://www13.ocn.ne.jp/~y-works/
従業員 50人
業種 金型部品(ピン・パンチ)の製造、薬品用部品(杵・臼)の製造・受託加工、鏡面仕上加工装置(エアロラップ)製造
主要製品 自動車向けのパンチ・ピン、製薬向けの杵・臼、鏡面仕上加工装置(エアロラップ)