HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
支援メニューをフル活用して起業!子育てと快適な住環境を実現!
有限会社 アダプトアップ 平成18年
企業概要
 当社は、福原聖司代表取締役が歩道橋や電子顕微鏡用等の振動制御装置メーカーの開発スタッフを退職後、床専用の防振材を新たに考案し、特許申請後の平成17年5月に設立した企業です。代表者が前職にあったときに床衝撃音対策プロジェクトで成功を収めた経験を活かし、そこでの苦労と問題点をヒントにマンション等の集合住宅にも採用できるシステムを開発しました。

 集合住宅で有効な解決策が提供されてこなかった子供が原因となって発生する「ドタバタ音(重量床衝撃音)」の問題により、階下の住人と子供を抱えた上階の両世帯ともが苦痛を強いられていました。マンションの防振床システム「天使の足音“ヒビカーズ”」は、この「重量床衝撃音」に対し、高品質の遮音効果を提供して、子育てと快適な住環境の実現に貢献しています。

 当社の原動力は、経営理念として掲げている、『お客様の喜びと感動』です。会社の事業発展を通じて従業員の成長と成功を分かち合い、コア事業である「床衝撃音対策」と、そのキーワード「子育て支援」をもって社会に貢献していきたいと福原社長は考えています。具体的には、人間尊重・自立・平等といった、当社の共通理念と行動指針を15の「クレド(信条)」に示しています。
専用防振材

支援内容
 起業を行うにあたり、福原社長はまず創業準備のための起業家育成スクール(財団法人大阪産業振興機構・大阪府中小企業支援センター主催)の受講にはじまり、資金計画等のアドバイザー派遣制度を利用し、事業可能性評価事業である「テイクオフ大阪21」に申請し、認定を受けました。

 その認定で対外的な事業評価が一気に高まり、さまざまな方面から問い合わせが殺到しました。現在は、そのうちいくつかの企業との提携に成功しています。

企業者の声
代表取締役
福原聖司氏
 財団法人大阪産業振興機構・大阪府中小企業支援センターには、創業前の「創業塾」からお世話になり、今日までアドバイザーの先生をはじめ、職員の方々にも多くのご支援を頂き、大変助けられました。

 まさに、中小企業支援センターと支援制度の充実があっての起業でした。今後もお世話になります。

担当者の声
サブマネージャー
東川仁氏
 社長の事業への情熱、優位性のある技術、時代の要請、高い社会貢献性等を考えると、今後の成長が大いに期待されます。「お客様の喜びと感動」を追求され、ますますの発展を期待しております。

企業基本データ
代表 代表取締役 福原聖司
住所 大阪府大阪市北区天満橋3-3-5 天満インキュベーションラボ
電話 06-6353-8338
e-mail info@adapt-up.co.jp
URL http://www.adapt-up.co.jp/
従業員 2人
業種 製造業
主要製品 「重量床衝撃音対策専用」の衝撃吸収防振ユニットとそのシステム『天使の足音“ヒビカーズ”』