HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
人間工学とコンピュータビジョン技術を統合して、製品・サービスを創造!
株式会社エルゴビジョン 平成18年
企業概要
 株式会社エルゴビジョンは、代表取締役の廣瀬氏と在阪IT関連企業時代の技術者仲間が創業した企業で、社名のとおり「エルゴノミクス(人間工学)」と「ビジョン(画像処理)」をコア技術とする研究開発型の企業です。

 米国での研究経験を活かし、研究成果(シーズ)を企業のニーズに合わせて、お客様に喜んでいただける製品やサービスとして提供したいということが当社の理念となっています。

 また、経営姿勢も堅実で、創業第一期から黒字決算を果たしています。

 現在、最も力を入れているのは、「次世代デジタルマネキン」の開発です。ユニバーサルデザインの普及に伴い、設計評価支援ツールとしてのデジタルマネキンが注目され始めているなかで、さまざまな体型表現、個人差表現、感性・心理評価、知覚・認知・ロボットアイといった新しい技術を活用し、「デジタルヒューマン」の実現を目指しています。

 平成18年6月には、創業当初からの計画どおり、念願の自社製品として、「オリジナルデジタルマネキンソフト『Body Shape Browser(BSB)』」を開発し、平成18年10月より本格的な販売を開始しました。

 更に、ユニバーサルデザインニーズを有する企業や研究機関への製品販売や研究支援活動、ロボット設計・製作とのコラボレーションを通じて、次世代デジタルマネキン技術(感性・心理・知覚・認知等のシミュレーション技術)の確立や、ロボット産業とのコラボレーションにも取り組む計画です。
デジタルマネキン
イメージ
 
デジタルマネキン
画面
拡大図

支援内容
 平成17年7月の創業を機に、財団法人大阪産業振興機構・大阪府中小企業支援センターの事業可能性評価事業「テイクオフ大阪21」にビジネスプランを申請され、高い評価で認定を受けると同時に、創業バックアップ奨励金を交付されました。

 また、国民生活金融公庫と創業支援機関との連携により「新創業融資制度」の融資を受け、連携事例としても取り上げられました。

 認定後は、特典である「無料アドバイザー派遣制度」を利用し、

・特許案件についての弁理士からのアドバイス
・ストックオプション等資本政策について精通したコンサルタントによるアドバイス等

専門家のアドバイスを必要に応じて受けることで、経営のノウハウを吸収されています

 最近では、前述の自社製品の販売促進のために、近畿経済産業局や中小企業・ベンチャー総合支援センターの販路開拓支援事業への参加や、各種イベントへの出展の機会を提供しています。

 当支援センターからの依頼事項に対するスムーズな回答や、定期的な事業の進捗状況の報告がある等、支援の「やりがい」のある企業です。

企業者の声
代表取締役
廣瀬尚三氏
 経営者とはオーケストラの指揮者のようなものかもしれません。

 個性ある演奏者(社員)を上手くまとめ調和の取れた演奏(製品)をお客様にお届けすることが使命です。

 財団法人大阪産業振興機構・大阪府中小企業支援センターにはそのための素晴らしい舞台や支援を用意していただき、いつも感謝しております。

担当者の声
サブマネージャー
北口祐規子氏
 テイクオフ大阪21の審査で高い評価を受け認定された同社は、現在、自社開発製品の販売に注力されています。

 ユニバーサルデザインやロボット産業など、事業の可能性はこれからどんどん広がって行くことと思います。

 大いに期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 廣瀬尚三
住所 大阪市淀川区西中島3丁目9番12号 空研ビル5階
電話 06-6101-3031
e-mail info@ergovision.co.jp
URL http://www.ergovision.co.jp/
従業員 12名
業種 ソフトウェアの開発・販売
主要製品 オリジナルデジタルマネキンソフト(Body Shape Browser)
位置情報付ビデオ映像処理ソフト(GARCシリーズ)他

提携に関する情報
 自社開発製品である「Body Shape Browser(BSB)」の開発・販売については、あらゆる業種での利用ニーズに対応することも可能です。

 提携先を求めています。