HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
あなたの歴史・趣味の作品をデジタル化し、生涯財産として提供する
デジタル夢工房 平成18年
企業概要
 代表の豊田氏は高校時代から写真を趣味とされていて、写真家としても相当のキャリアを積んでおられます。また、日本でインターネットが普及し始めた頃からパソコンを扱うことに慣れ親しんでいたこともあり、パソコンの組み立てやWebデザイン・制作、画像・映像処理等さまざまな知識を習得されています。

 デジタル夢工房では、その名の通り全ての作品を一旦デジタル化(データベース化)します。写真・絵画等は、デジタル化すると色調の変化や立体感が失われることがあります。そういった問題を豊田氏の技術で解決し、写真・絵画はもちろん、刺繍、水墨画等までもデジタル化し、冊子、複製画、カレンダー、シール等、多様な形で制作しており、多くの方々から好評を得ています。

 豊田氏の長年蓄積してきた写真とデジタルの技術が、芸術性の高い作品に仕上げています。
メモリーマイブック
多くの写真を一冊の本に仕上げます。
自分の趣味の集大成として作られる方が多いそうです。
写真一覧

支援内容
 財団法人奈良県中小企業支援センターでは、起業家等に対する支援事業「やまと元気企業創出・育成事業」を実施しております。

 同社は平成16年9月に当支援センターが実施した『起業なら奈良!ビジネスプラン』(事業可能性評価委員会)に参加され、さまざまな業種の経営者等の有識者方々から自社の事業計画について、評価・意見を受け、ビジネス展開の糸口を見出しました。

企業者の声
主宰
豊田定男氏
 財団法人奈良県中小企業支援センターの支援を受けてインキュベーター入居させて頂き、起業に向けて活動させて頂きました。

 その間、同支援センターよりさまざまなご指導、ご支援を頂きました。お陰様にて起業に向けての道筋が見えてきたように思います。更に初期の目標に向かって頑張りたいと考えております。

担当者の声
 これからの日本は、超高齢化社会を迎えます。それに伴って、中には生活に張り・やり甲斐を持たせるため、退職を機にライフワークとしてさまざまな趣味を持たれる方が増えていくと思われます。

 豊田氏はその一つ一つの作品をデジタル化し、個人の集大成としての作品作りを手助けすることをビジネス領域に選びました。そのために写真や絵画を元に試行錯誤しながら表現方法を提案されています。

 デジタル技術はとてつもない早さで進歩しています。財団法人奈良県中小企業支援センターとしても、セミナー等を通じてできる限り支援したいと考えています。

企業基本データ
代表 主宰 豊田定男
住所 奈良県奈良市内侍町6番地 奈良県林業会館24号
電話 0742-24-7009
e-mail info@d-yumekobo.com
URL http://www.d-yumekobo.com/
従業員 1人
業種 デジタル印刷物の企画・制作販売
主要製品 オリジナルカレンダー・ポストカード、アルトピコ、メモリーキャンバス等