HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
『健康麻将』の魅力を広め、人々にコミュニケーションの場を提供
もくれん 平成18年
企業概要
『健康麻将(マージャン)』は、日本健康麻将協会(東京)が、麻雀のもつ不健康なイメージを払拭し、頭脳ゲーム・コミュニケーションツールとして『賭けない・飲まない・吸わない』の3ないルールを厳守することを掲げ、健康的な環境で麻雀を楽しむことができるよう普及活動をしているもので、数年前から関東地方を中心に広がりを見せています。

 その効果としては、最近では会社帰りのサラリーマン等がストレス解消と『生活に張りをもたせる』ことを目的に人気が出てきていますし、中でも高齢者に対しては『認知症予防』の効果が注目され、高齢者施策として実施している行政機関も増えています。

 私たちは、『健康麻将』をいろいろな人に知って頂き、楽しんでもらうため、平日は、店舗と公民館の一室で、曜日ごとに教室を開いています。公民館教室に来られる方は年齢・性別・目的も人それぞれです。全くの初心者の方には、実際に牌を組みながら丁寧にルールを解説し、生徒の方がゲームの流れをイメージしやすいように指導しています。ある程度ルールをマスターされた生徒の方は、他の生徒の方々とゲームを始められます。

 ゲーム中は、時には違う話題でワイワイ話しながらも、捨て牌から相手の手牌を読みつつ、自分の手牌を組んでいくという頭脳戦が繰り広げられています。ゲームが終了すると、皆で点数の読み合いと今のゲーム展開についての反省会が始まります。『健康麻将』のルールを皆が守り、ゲームとして純粋に楽しんでいるからこそ、和気あいあいと意見交換できる場を作ることができるものと考えています。核家族化やライフスタイルの多様化等が進み、近所の方々との付き合いが減った昨今ですが、この『健康麻将』を通じて交流の場を提供できればと考えています。
健康麻将の3ないルール
 
麻将風景
公民館などを使った講座も開いているので、地元の方の交流に一役かっている

支援内容
 財団法人奈良県中小企業支援センターでは、起業家等に対する支援事業「やまと元気企業創出・育成事業」を実施しています。

 同社は、平成16年9月に当支援センターが実施した『起業なら奈良!ビジネスプラン』(事業可能性評価委員会)に参加され、様々な業種の経営者等の有識者方々から自社の事業計画について評価・意見を受け、ビジネス展開の糸口を見出しました。

企業者の声
『賭けない・飲まない・吸わない』の健康麻将は奈良ではまだまだ認知度が低かったのですが、来年度から「ねんりんピック」の正式種目となったこともあり、この楽しい麻雀がどんどん広がってくれればと思っています。

 麻雀は椅子に腰掛けたまま、4人の仲間とコミュニケーションをとりながらできる頭脳ゲームであり、一生の趣味となるものです。

担当者の声
 麻雀と聞けば、「タバコくさい」「柄が悪い」等悪いイメージが付きまとう方が多いとは思いますが、同社が行っている『健康麻将』は、その悪い部分を取り除いて麻雀本来のゲーム性だけを追求したものです。

 麻雀は、相手の手牌を読んだりしてかなり戦略・戦術を必要とします。気分転換や頭の体操にはもってこいです。純粋に麻雀が好きな人々が集まり、昨今希薄になりつつある地域交流活性化の要因になることを期待しています。

企業基本データ
代表 代表 石垣和美
住所 奈良県橿原市今井町3-35-5
電話 0744-60-1865
e-mail info@mokuren.biz
URL http://mokuren.biz/
従業員 2人
業種 健康麻将教室
主要製品 健康麻将