HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
環境に優しい洗練された日常着を
NATIVEWORKS.(ネイティブワークス) 平成18年
企業概要
 当社は、平成17年10月に古都奈良の地で開業しました。世界の至上命題ともいえる「エコロジー」に着目し、『自然との調和+洗練された日常着』をブランドコンセプトに、循環型社会にむけたオーガニックコットン等の自然素材を使った衣服作りをしています。

 無農薬の農地で、有機栽培された綿花を使用し、紡績・織布・ニット・染色加工・縫製等のあらゆる製造工程で化学薬品による環境負荷を最小限に減らして製造したものを、オーガニックコットン製品と呼んでいます。

 単にエコロジカルな衣服を作るのではなく、衣服を通じて若い世代にも「自然」に関心をもってもらいたいことから、「自然」や「民族」、中でもマサイ族に着目し、その民族の誇り・生き方を服に表現し、素材の良さ+ファッション性の高いものを追求しています。単に民族の特色を強く表現するのではなく、ベーシックなものに少しずつその特徴を活かすことで、普段から格好良く着こなせられるようにナチュラルカラーをメインにデザインから縫製・仕上げまで一つひとつ丁寧に手作りしています。

 草木染め等環境負荷の少ない自然の染料を使用し、余計な加工は一切加えていません。故に染色の仕上がりも一つひとつ異なります。しかし、そこには量産された同じデザイン・色の衣服では体験しえない感動があります。当社は多くの方々に”自分だけの一点もの”の良さを味わってもらいたいと考えております。
アトリエ兼店舗
写真一覧
 
オーガニック素材を使用したレディスジャケット

支援内容
 財団法人奈良県中小企業支援センターでは、起業家等に対する支援事業「やまと元気企業創出・育成事業」を実施しております。

 同社は、平成16年9月に当支援センターが実施しました『起業なら奈良!ビジネスプラン』(事業可能性評価委員会)に参加され、さまざまな業種の経営者等の有識者の方々から自社の事業計画について、評価・意見を受け、ビジネス展開の糸口を見出すことができました。

企業者の声
デザイナー 岸本健一氏
パタンナー 安田哲子氏
 起業するにあたり、知識も資金もなかった私達にとってはさまざまな分野の方々から、ご指摘、ご意見を頂くことができ、また、Aランクの評価を受け、立ち上げ時の資金面での支援を頂けたことで、前向きに最初の一歩を踏み出すことができました。

担当者の声
 同社は、世界文化遺産に指定された歴史的文化財の東大寺の隣で、「自然との調和」をテーマに、自分たちの思いを作品(衣服)に仕上げています。多くの方々に、彼らの作品に触れて見て頂き、自然というものに関心をもって頂けたらと思います。財団法人奈良県中小企業支援センターとしてもさまざまな形で情報提供や支援を行い、同社の飛躍に貢献したいと考えています。

企業基本データ
代表 デザイナー 岸本賢一、パタンナー 安田哲子
住所 奈良県奈良市芝辻町543-17
電話 0742-26-0156
e-mail native-works@m9.dion.ne.jp
URL なし
従業員 2名
業種 製造業(アパレル企画、製造、卸、販売)
主要製品 『オーガニック素材』を中心とした衣服・雑貨