HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
環境リサイクル時代に優しい工法でアスベストを封印
株式会社ヤブ原産業関西 平成18年
企業概要
 当社は、社長の父が塗装工事業を創業し、昭和48年に法人化しました。大手ゼネコンや建築会社の下請業者として、建築物の内外壁の塗装及び防水工事を行っています。

 建設業界全体の長引く不況は、当社も例外でなく、経営に大きな影響を受けました。社長は、工場・倉庫の屋根(スレート葺き、鋼板)や住宅の屋根(薄型化粧コロニアル、カラーベスト等)については、10年から15年サイクルで葺き替え改修工事や塗り替えが行われていることに着目しました。通常屋根の葺き替え改修工事を行った場合、工事期間中は、「工場の操業や生活ができない」、「多量のアスベスト含有産業廃棄物が発生する」等のデメリットが多く、経済的にも環境にも優しくありません。

 そこで、当社が培ってきた塗装工法に屋根の強度を上げる塗料と遮熱効果のある塗料を使用し何層にも塗装することで、葺き替え工事と同等以上の強度をもつ「パーマスレート遮熱工法」を開発しました。

 この工法は、従来の葺き替え改修工事に比べ以下の点で特に優れています。

(1)工事期間中も通常通りの操業・生活が可能なこと
(2)工事期間が短いこと
(3)多量のアスベスト含有産業廃棄物が出ないこと
(4)遮熱・防音効果及び美観に優れていること
(5)通常の葺き替え改修工事に比べ総コストが低いこと
(6)アスベスト(石綿)を封じ込めること
大阪市立デザイン教育研究所とのコラボで誕生したデザインカー

支援内容
(1)総合相談
 売上げアップを図りたいとの相談から始まり、同社の事業内容を聞き、”パーマスレート遮熱工法”をメインとして経営革新を提案。また、同工法のPR活動の一つとしてパンフレットデザイン、学生とのコラボによる営業用デザインカー制作やHPリニューアルについてアドバイスしました。

(2)経営革新支援
 同社の経営革新計画承認申請書作成についてアドバイスを行いました。

(3)平成17年度専門家派遣事業
 カタログカバー、名刺、社長挨拶状等、営業用ツールの作成支援を行いました。

企業者の声
代表取締役
薮原登氏
 早いもので財団法人奈良県中小企業支援センターへ相談に伺ってから1年以上経過しました。経営革新計画の承認を頂いてちょうど1年になります。承認後も、ご指導によりカタログの作成、新事業の人材の確保、大阪市立デザイン研究所の学生とのコラボレーションによる営業用デザインカーの完成、そして新事業に対するアドバイス、経営セミナーで経営革新事業の発表等今まで経験したことが無いほど濃い内容の経験や勉強をさせて頂きました。

 お陰様で新事業が会社の柱の一つになりつつあります。今後も同支援センターには、セミナー等通じての新しい情報提供・アドバイス等を期待しております。

担当者の声
 同社が開発した「パーマスレート遮熱工法」は、アスベストの飛散を防ぎ屋根の強度を高めます。スレート葺きの建築物は至る所にあり、廃棄物を出さず経済的負担の軽いこの工法は、環境リサイクル時代にふさわしい工法として主流になることが期待されます。

企業基本データ
代表 代表取締役 薮原登
住所 奈良県生駒郡斑鳩町龍田1丁目4番19号
電話 0745-74-2267
e-mail kansai@yabuhara-sangyo.co.jp
URL http://www.yabuhara-sangyo.co.jp
従業員 6名
業種 建設業(吹付、塗装、防水工事、改修工事他)
主要製品 パーマスレート遮熱工法等