HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
歴史ある”ぬか漬け”のノウハウを生かし、時代のニーズにあった漬物の素を作る
つけもと株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、一般家庭用漬け物の素に特化した商品作りをしています。当社の製品は全国各地のスーパー等量販店に広く流通し、一般家庭に供給されています。

 日本人がいつから漬け物を作り、食べてきたかは定かではありません。日本で初めて記録として残っているのは、平城京で発見された天平年間(729年〜749年)の木簡(木札に墨で文字等を書き、文章や送り状に使用したもの)です。その中に現在の奈良県河合町薬井から長屋王に漬物が届けられていたとの記述があり、同町は奈良時代から漬物に携わってきたと考えられています。当社がこの地で漬け物の素を製造し始めたのも、何かの縁かもしれません。

 当社では、昭和50年頃から豆腐の製造後に残る“おから”等の副産物に着目し、長期間にわたる研究・調査を行い、乾燥したおからに植物性乳酸菌を加えた発酵漬け床「卯の花漬け」を開発しました。この商品は、植物性乳酸菌を加え、独自の研究で導き出した温度管理で発酵を促進し、おから特有の嫌みを消したものです。また、魚や肉の切り身等を漬け込むと独特の風味が生まれるという特徴を持っています。
新商品開発のため新設された第三工場
写真一覧
 
卯の花漬けの素等

支援内容
(1)経営革新支援
 経営革新計画の申請に際し、書類作成、経営革新内容について助言しました。

(2)平成17年度中小企業総合展
 新商品「卯の花漬の素」等をメインとする自社製品を出展PRすることで、販路開拓を支援しました。

企業者の声
 経営革新支援法の申請当初から財団法人奈良県中小企業支援センターには相談に乗って頂き、同法の承認を円滑に得ることができました。中小企業総合展でも展示方法・販路開拓にあたり、助言支援を頂きました。

 同支援センターには奈良県植物機能活用クラスター協議会中核機関としてこれからも期待しております。

担当者の声
 同社は、埼玉県川口市に「指圧・施療院」を開設し、新たな分野として人々の健康を図ることを目指した事業にも挑戦されています。今後もセミナー等を通じて支援させて頂き、同社の発展に貢献できれば幸いです。

企業基本データ
代表 代表取締役 松井米蔵
住所 奈良県北葛城郡河合町長楽89
電話 0745-57-2251
e-mail info@tsukemoto.co.jp
URL 本社サイト http://www.tsukemoto.co.jp/
通販サイト http://www.kyousei-nara.jp/
従業員 26人
業種 各種漬物の素製造・販売
主要製品 卯の花漬の素、ぬか床元気、ぬか漬けの素等