HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
医療カルテを安全に管理するカルテピッキングシステムの開発・販売
有限会社スミタシステム 平成18年
企業概要
 当社は、もともと機械設計や材料開発、生産管理システムの開発に従事していた墨田社長が、それまでに培った技術とノウハウで、生産ラインに密着したハードとソフトが融合したシステムの開発と販売を手がけるべく、平成16年に創業した企業です。

 当社が開発しているシステムの中でも特に力を入れているのが、部品ピッキング技術を応用した、医療機関向けの「カルテピッキングシステム」です。このシステムは、病院の受付業務として頻繁に行われるカルテのピッキングや返却作業の負荷を軽減するもので、患者サービスにあてる時間を確保できるというメリットがあります。

 また、個人認証用のバーコードを読み込んだとき、データベース内の個人コードとリンクした場合にのみアクセスが可能となるセキュリティシステムを採用しており、個人情報の安全管理にも適しています。

 さらに、未返却カルテ通知機能やカルテ追跡機能(過去のピッキング履歴の検索)を設け、個人情報の安全管理に加え、紛失等のミス防止も可能にしています。

 他には、お客様の環境や仕様・要望に合わせる形で生産進捗管理システムやオリジナルソフトウェアを制作していますが、この受注も順調に伸びてきています。

 当社は、技術集団として、企画・開発に特化したファブレスな会社を目指しています。滋賀県内の中小企業7社を組織化して、新連携の施策を活用した商品開発を実施しています。また、このうち3社では、有限責任事業組合を作り、連携体の強化を推進しています。これらのグループの中で、当社は起業2年目のベンチャー企業ですが、コア企業として重責を担っています。今後は、株式公開を目標に、全国展開できる製品の研究、開発を行ってまいります。
生産進捗管理システム
 
カルテピッキングシステム

支援内容
 平成17年から、滋賀県立草津SOHOビジネスオフィス(以下草津SOHO)の入居企業になったことから、財団法人滋賀県産業支援プラザでは、月に1度、インキュベーション・マネージャーを派遣しております。この派遣制度で、経営者には、経営者としての心構えや考え方を学んで頂きました。販路拡大を目的とした「滋賀ビジネスパートナー」への出展支援、他企業との交流支援等々を通して、各種情報を得る機会を数多く提供してまいりました。その結果、立命館大学BKCインキュベータに入居することもできました。

 また、開発資金面では、当支援プラザは、同社の独立行政法人中小企業基盤整備機構の事業化支援事業への応募にあたって支援を行い、その結果、当該事業に採択され、同社は、平成18年には事業化助成金の交付も受けています。さらに、ビジネスプランの具体化に向けたコンサルティングの支援も実施しました。具体的には、専門家派遣制度として、電気用品取締法の専門家を派遣し、各種取扱い説明書の作成指導を行いました。

企業者の声
代表取締役
墨田公一氏
 ベンチャー企業にとって開発に要する資金をいかに調達するかは非常に大きな問題ですが、各種の助成制度を利用することにより新商品の開発につなげることができました。また、OB専門家の紹介等、さまざまな支援を得ることで、更に良いものづくりができる環境になったと感謝しています。

担当者の声
 草津SOHO入居中には、積極的に入居事業者間の交流を促す中心的な役割を果たされた元気企業です。現在、新連携促進等を図りつつ、セミナー等で知識を得ながら、株式の上場を目指されています。(岡崎サブマネージャー)

企業基本データ
代表 代表取締役 墨田公一
住所 滋賀県草津市野路東1-1-1 立命館大学BKCインキュベータ内
電話 077-569-4720
e-mail info@sumisys.co.jp
URL http://www.sumisys.co.jp/
従業員 5名
業種 ソフトウェア業
主要製品 オリジナルソフトウェア開発・工場内システム構築
商品としては、FITs(生産管理システム)、快勤賞(勤怠管理システム)、生産進捗管理システム等