HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
環境に配慮した新しい表面保護材「ワイティープルーフ」を開発
株式会社ダイゴ創景 平成18年
企業概要
 当社は「無機と有機の調和」を企業理念に、環境への負荷低減商品の研究、開発、販売を行っております。当社の「ワイティープルーフ」(登録商標)は、木材やコンクリートの腐食・劣化の原因となる雨や塩分、紫外線等を遮断し、耐久性を高めるために表面を保護する塗料です。

 被膜で被覆するタイプの塗料に対し、「ワイティープルーフ」は含浸・浸透硬化を図るもので、下地の色調を損なわないよう設計されています。シリコーンポリマーを主成分とした塗料で、撥水性が高く、通気性・呼吸性にも優れ、コンクリートや木の内側からにじみ出る水分は外部に放出する特性を持っています。防汚効果もあり、美しい外観が長持ちするというメリットもあります。

 平成17年4月、土木学会で「表面保護工法設計施工指針」が策定され、木材やコンクリート等の表面保護工事に係る全国的に統一した指針がまとめられました。また、県内においては、滋賀県立琵琶湖博物館の屋外食事施設の木材塗装に環境に配慮した当社の製品が採用されました。このように、表面保護工事の市場でも環境に対する意識が高まりつつあります。

 今後、表面保護材がより多く用いられると予想されるため、塗料メーカーや建材メーカーと業務提携し、営業体制や販売代理店の構築に力を入れていきたいと考えております。
施工現場
 
ワイティープルーフ

支援内容
 同社は、平成16年に経営革新法を取得し、技術面、経営面、資金面の支援を受けております。特に技術面では、公立大学法人滋賀県立大学から性能評価の検査を受けたり、滋賀県工業技術総合センターの技術開発室(レンタルラボ)に入居することで研究開発のサポートを受けたりしています。

 財団法人滋賀県産業支援プラザでは、事業可能性評価「めきき・しが」でAランクとして採択しました。この事業可能性評価の審査を受けるに際し、当支援プラザの担当者は、商品の独自性や他社との差別化をどう図るかが重要であることを指摘した結果、同社では競合品の調査等を実施しております。Aランク取得後は専門家派遣や、「びわ湖環境ビジネスメッセ2006」への出展、近畿経済産業局の販路マッチングナビゲート事業への推薦等、販路開拓の支援を行いました。

 平成17、18年には、当支援プラザの経済ミッション派遣事業で、ドイツ・バイエルン州を訪問し、現地企業とのビジネスマッチングの機会を得る等、事業のステップアップのための支援を受けています。

企業者の声
代表取締役
佐々木清一氏
「めきき・しが」でAランクを頂いたことは、当社の「ワイティープルーフ」が技術だけではなく、事業の可能性も高いということで、事業化に自信がつきました。

 さまざまな支援制度があっても、それを知ることができない限り無意味なものです。財団法人滋賀県産業支援プラザには、同支援プラザの事業だけでなくさまざまな支援制度の情報の提供や、当社の製品をアピールする機会を得させて頂き、感謝しております。

担当者の声
 環境に配慮した同社の製品は、官公庁や建設業界のニーズにマッチしており、市場性は高いと思います。また、関係省庁の技術認定を受けながら事業展開している点からみても、今後の成長が大いに期待できる事業です。

企業基本データ
代表 代表取締役 佐々木清一
住所 〒520-2331 滋賀県野洲市小篠原820番地16
電話 077-586-2841
e-mail daigo-soukei@nifty.com
URL http://homepage2.nifty.com/daigo-soukei/
従業員 8名
業種 化学薬品製造業
主要製品 環境配慮型「木材用防腐剤」、「超撥水剤」、「土壌・水質浄化剤」。商品名は「ワイティープルーフ」、「ワイティークリーン」等