HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
100%天然素材、100%生分解の育苗マットで環境への負荷を軽減
東亜システムプロダクツ株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、「地球から生まれた物を自然な形にして地球にもどす」という理念のもとで商品開発を行っています。

 竹や葦といった非木材系の素材での食品容器の開発に着手したのは平成4年でした。原料の調達やリサイクル、ゴミ問題等、環境への負荷を軽減することにこだわり、森林伐採に繋がる木材を使わず、成長サイクルの速い竹や葦を素材にした商品開発を目指しました。

 その後、平成13年からは農業資材に着目し、育苗ポットや育苗マットの開発を始め、平成14年には「ジーザック」ブランドの商品を完成させました。「ジーザック」とは、「Green the Creation」から命名しました。

 水稲用育苗マット「ジーザックマット」は100%天然素材(竹、葦、パーム等)を原料としており、約30日で生分解されるため土中に残留物が残らず、根がしっかり張った風害に強い苗が育てられると好評です。「ジーザックマット」は、紙すきの原理でシート状にしているため1枚約300gと軽量で、人体や環境に優しいということで、培土やロックウール製の育苗用マットに代わるものとして注目を集めています。

 発売以来、販売数は順調に伸び、今期(平成18年6月期)は約30万枚を売り上げています。今後は循環型社会の構築を目指し、環境保護にも役立つ商品である「ジーザック」の認知度を上げ、拡販活動にもよりいっそう力を入れていきたいと考えています。
ジーザック素材を利用した商品
 
ジーザックマット(水稲用育苗マット)・ジーザックプラグトレイ

支援内容
 財団法人滋賀県産業支援プラザの事業可能性評価「めきき・しが」ではAランクを取得しました。「めきき・しが」は、新たな事業計画に対して専門家が客観的に事業化に向けてのニーズ、技術の先進性、ノウハウの独自性・発展性等事業の可能性について評価するものです。事業の可能性が高いと判断した企業に対し、Aランクと認定します。

 同社に対しては、「めきき・しが」の審査会に提出する資料作成のため、合計8回ほどのミーティングを担当者ともち、ビジネスモデルの構築を支援しました。海外からの材料購入方法や、どのようにエンドユーザーに届けるか等といった出荷手段、田植時期への問い合わせに対応するコールセンターの設置等の検討を重ねました。

 量販店による販路拡大や、全国を7地域に分け、各2カ所程度の代理店をつくるといった販売プランの構築や、「口コミネットワーク」と称して直販ルートの開拓のため、農業新聞にPR広告を出し、農家へダイレクトにセールスする施策を決めました。

 今後もAランク認定企業として、新事業計画のブラッシュアップを図り、専門家によるコンサルティング等のサポートを行っていく予定です。

企業者の声
代表取締役
饗庭利行氏
 滋賀県が、事業の可能性を評価するといったシステムは非常に画期的で、最高位のAランク認定を受けることができ、今後の事業展開において大きな自信となっております。今後は、このAランクという評価に恥じない実績をつくるよう、努力して行きたいと思います。

担当者の声
 育て上げ型の支援事業としてコーディネートをさせて頂きました。将来は、全国にフランチャイズ展開し、環境負荷の低減を目指す農家の方々に貢献してほしいと考えています。

企業基本データ
代表 代表取締役 饗庭利行
住所 滋賀県高島市新旭町饗庭字中山4906
電話 0740-25-8410
e-mail info@gthec.com
URL http://www.gthec.com/
従業員 15人
業種 非木材繊維素材(パルプモールド)製品の開発・製造及び販売
主要製品 ジーザック育苗マット、ジーザック育苗ポット、ジーザック食器等