HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
自社のノウハウを活かし、脱下請を目指して新製品を開発
株式会社森山鉄工 平成18年
企業概要
 当社は、代表者である森山清次氏が昭和57年に個人事業として創業しました。その後、業務拡大に伴い昭和63年に法人化しました。

 平成7年に、中小企業創造活動促進法認定(テーマ:角度調整機構を備えた折り畳み式階段の研究開発:MTステップ)を機会にメーカーへの第一歩を踏み出しました。また、平成14年には中小企業経営革新支援法の承認(テーマ:宅配業者向けパレットリフトの生産:MTパレットリフター)を受け、現在では、当社を支える主力製品の一つに成長しました。

 また、近日中に新製品(MTステップD、MTカート(いずれも折り畳み式))の販売を控えています。販促強化のために首都圏で開催されているビジネスフェアへ積極的に出展し、購入見込客へ販促活動を展開中です。
MTカート
 
MTステップDeco(close)(open)

支援内容
 同社は、新製品の事業化を推進するために、生産性向上(コストダウン)、メンテナンス体制の確立、採算分析、取引先との責任の明確化(部材の供給責任等)、業務上必要となるフォーマット(クレーム報告対策書、業務計画・実施状況等)について検討・見直しを行いました。

 特に、課題として上げていた「生産性向上」では、組立職場のレイアウト変更、パート及び間接部門(事務員)の有効活用の検討を行い、柔軟な生産体制を構築しました。

 また、必要賃率を見直し、予定(目標)工数を設定し、実績との差異分析を行い予実管理の徹底を図りました。並行して新規受注(既存加工受注)の受注単価の妥当性についても検証しました。

 更に、財団法人石川県産業創出支援機構では、今後の進むべき方針を明確にするために、中長期経営計画書の策定を支援しました。

企業者の声
 当社の経営資源を考慮した上での指導であったため、安定した収益体質への転換ができました。資金調達面も含めさまざまな経営課題に対してアドバイスして頂きとても感謝しております。

担当者の声
 新製品の事業化までに多大な時間を要しましたが、着実に受注拡大へと繋がってきています。

 今後においても、確実に事業を拡大し、更なる飛躍を期待しております。

企業基本データ
代表 代表取締役 森山清次
住所 石川県加賀市大聖寺下福田町36-1
電話 0761-72-3076
e-mail info@moriyamatekkou.co.jp
URL http://www.moriyamatekkou.co.jp/
従業員 20人
業種 荷役運搬設備製造業
主要製品 各種製缶、自社製品「MTステップ」、「MTパレットリフター」