HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
自社工程の必要から生まれた製品移載・蓄積装置の拡販
株式会社伊藤精密製作所 平成18年
企業概要
 昭和34年の創業以来、黄銅部品の精密切削加工を手がけてきた当社は、自動盤を中心に積極的な設備投資を行い事業を拡大してきました。

 そのような中で、夜間無人稼働と加工品の衝突キズや擦りキズ防止を追求した結果、自社での使用を目的とした製品蓄積装置を考案しました。これが、後の自社製品となる“ダコンアンシン”の原形というべきものでした。

 それ以後、自社の工場で使用しながら度重なる改良を続け、平成7年には同装置の外販を目指してエムエステック事業部を発足しました。それによって、同装置の開発から製造、販売までを一貫して担当する体制を構築したのです。

 当社は、本来事業の精密機械加工の分野で多様な加工物を大量に生産・供給できるということを特徴として成長してきました。その特徴を発揮するために必要不可欠な設備として自社開発した技術であり、設備の信頼性、使用上の便利性、各種メーカー設備とのマッチング性の良さが特徴といえます。

 地方の一機械加工業の当社が競争の激しい業界で発展・成長し、今回テーマのような優れた装置を開発して市販できるようになったのは、創業者の卓越した識見と従業員を大切に育成してきた社風に加え、後継者の人柄等によるところが大きいといえます。何よりも自社の本来事業を大事にして、そこに独自の付加価値を与えていくという基本的な方針が守られたことが最大の成功要因といえましょう。
製品移載・蓄積装置
「ダコンアンシン」

支援内容
 平成17年度に岐阜県中小企業支援センターが行った支援策は次のとおりです。

(1)事業可能性評価事業への同社の評価申請を受け、所定の評価手続きにより「A」評価と認定し、マスコミ、金融機関等に紹介した。
(2)大手自動車部品メーカーでの新技術展示会への出展をサポートした。
(3)同装置の拡販に対するアドバイスを行うとともに引き合い先(複数)を紹介した。
(4)同装置の改良についてのアドバイスを実施した。

企業者の声
代表取締役
伊藤康裕氏
 事業可能性評価で「A」評価をいただいて新聞にも掲載されたことにより、県内企業はもとより他県企業からの問い合わせもあり、経営者である私はもとより全社員のモチベーション向上につながり、たいへん嬉しく思っています。

 また、企業評価の向上や実際の引き合い増加等企業活動にとっても大変プラスになっており感謝しております。

 売り込み先の紹介や展示会への出展等は営業力の乏しい中小企業にとって力強い支援であり、県支援センターによるこのような支援は今後もぜひ継続して実施していただきたいと思います。

担当者の声
 同社のような地味ではあるが先進的な開発意欲や開発力を持った中小企業はたくさんあると思います。これらの技術や製品を発掘し、市場とのマッチングを図ることも県支援センターに期待された役割と思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 伊藤康裕
住所 岐阜県海津市平田町今尾1663-1
電話 0584-66-4062
e-mail inagk-is@smiling.co.jp
URL http://www.smiling.co.jp
従業員 113人
業種 機械器具製造
主要製品 空調、ガス、水栓、自動車等の各種精密部品の機械加工・組立および製品移載蓄積装置の設計・製作