HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
ミネラルウォーター造水における生産性向上と品質管理のレベルアップ
株式会社MTG 平成18年
企業概要
 当社は、平成11年1月に住宅設備機器の開発に着手し、同年10月には日本水道協会の認証を取得しました。OEMシステムを取り入れた「水」の専門家として、ろ材、セラミック等のノウハウを活用した給水管洗浄装置、水質還元浄化装置等を自社開発しました。

 平成16年には岩盤浴製品の開発を開始し、名古屋大学との共同研究開発を行ってきました。とくに、ミネラルウォーターの「宅水便キララ」は販売を開始すると同時に評判を呼び、平成17年の「愛・地球博」での無料サービスは話題を呼びました。

 当社の製品は、日本水道協会により認証された工場において、徹底した品質管理、検証を経て市場に提供されています。当社の社是は“一人ひかる 皆ひかる 何もかもひかる”で、その意味は「ひとりひとりが活き活きと光輝くことで、周りにいる皆が相乗効果で更に光り輝き、すべてを照らし光らせる」とのことです。

 松下社長は、常に市場のニーズを捉えて新たな事業展開を行っており、30代の若さで会社の革新・進化を前向きにとらえて積極的な経営を行っています。
社是
「一人ひかる 皆ひかる 何もかもひかる」
 
ミネラルウォーター「キララ」

支援内容
 財団法人あいち産業振興機構への専門家派遣の依頼内容は、「ミネラルウォーターの造水プラントの衛生・品質管理の徹底」「造水プラントの更なる改善による生産性の向上」の2点でした。

 それを受けた専門家の支援内容としては、現在の問題点を洗い出し、改善指向一覧表により「あるべき姿」を作成して、各人で現状の認識を持つことから始めました。更に、改善の手順書作成、5Sの推進を重要視し、それらに基づいて従業員への教育を行いました。衛生管理では、造水段階で安全を確実なものにするために、HACCP管理上の危害重要管理点を明確にし、確実な実施体制の構築を推進しました。また、衛生管理への意識向上のために、定期的に教育と評価・フォローを指導しました。

 今後においては、HACCP及びISO22000(食品安全)の基本的考え方も導入し、従業員の意識向上のレベルアップを図って行くことが重要です。

企業者の声
代表取締役
松下剛氏
 指導・成果に伴い実の有る支援をいただき大変感謝しています。今回の支援を一時的なものにしないよう、社内で定着を図って行きたいと考えております。また、新規工場の設立に伴い、HACCPの取得を目指したいと考えております。

担当者の声
 松下社長の常に前向きな経営姿勢には感心しました。

 新しい事業分野の造水については、食品の安全・衛生の一分野として重要視されてきており、需要も健康志向の中で更に旺盛になってくると思われます。

 今後の発展を確実なものにできるよう、松下社長以下従業員の皆様には頑張っていただく事を期待します。

企業基本データ
代表 代表取締役 松下剛
住所 愛知県名古屋市中村区本陣通2-32 MTG HIKARIビル
電話 052-481-2707
e-mail info@mtg.gr.jp
URL http://www.mtg.gr.jp
従業員 85人
業種 ミネラルウォーターの製造・販売・宅配、岩盤浴・スパ・温浴設備の企画・開発・製造・販売、セラミック製品の企画・開発・製造・販売
主要製品 ミネラルウォーター、岩盤浴製品、日用生活用品