HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
現地事情に即した規程整備で機密漏洩リスクを回避
アサヒテック株式会社 平成18年
企業概要
 当社は、経営理念に「顧客満足度の向上のために私たちは進化する」を掲げ、機能複製用マスク(スクリーンマスク、エマルジョンガラスマスク、レーザーメタルマスク)の総合メーカーとして、高精度・高品質な各種マスクの製造を行い、半導体・電子業界をはじめ自動車業界・電機業界から高く評価されています。

 また、海外進出にも積極的に取り組み、平成4年米国インディアナ州、平成16年中国北京、そして平成17年台湾に生産・販売拠点を設立しました。

 近年、国内の取引先がアジア(中国)に進出しているため、将来は競合メーカーの進出や取引先の自社対応も予想される中、今まで培ってきた海外生産のノウハウを活かし中国進出を決断しました。

 現状を維持するのであれば輸出で対応する選択肢もありましたが、競合メーカーに先んじて進出することで、取引先とのパートナーの地位を確立し、また、現地で新たなビジネスチャンスを目指す道を選択したものです。

 中国進出から2年が経過し、第1ステップである中国内の取引先に向けて生産の基盤整備が完了し、現在は第2ステップの新規取引先開拓に向けて準備に取りかかっている状況です。

 当社の軸となる各種マスク製品は、プリント基板やマイクロプロセッサ等の生産に使用されています。このマスクの役割としては、機能を有するものを正確かつスピーディに複製することと考え、当社は「機能複製のサポート業」を標榜し、そのNO.1を目指して、これを実現する革新的な知識と風土の確立を掲げています。

 今後も、ユニークなプロセス技術企業として、たゆまぬミクロン技術への挑戦と、国際的な視野や事業展開力でお客様の満足度の向上を目指す方針です。
クリーンルーム
 
「スクリーンマスク」
「メタルマスク」

支援内容
 同社が、中国北京で生産していますスクリーン印刷用マスクは、汎用技術と長年の製造で培ったノウハウにより品質を維持しています。

 今後、中国での生産に伴い現地従業員への技術指導の過程で、同社の技術ノウハウを習得させることとなりますが、従業員が転職した場合には技術ノウハウが同業者に漏れる恐れがあるため、現地の事情に即した規程整備が必要と考えて専門家派遣事業の利用を申請してきました。

 この課題解決のために、財団法人あいち産業振興機構では、現地事情に詳しく日本語にも堪能な中国籍の専門家を派遣することで、中国の雇用や労務管理事情の説明、就業規則の整備、機密が守れて通用する機密保持管理規程の作成による機密保持管理システムの確立について助言を行いました。

 この支援により、同社は労務管理の的確な実施と機密漏洩のリスクを回避する体制作りが図られました。

企業者の声
 専門家の方には、中国の労働者の考え方や、文化・風習の違いをわかり易く説明して頂きました。

 表面的なことではなく、その背景にあるものまで詳しく教示して頂き、現地の状況を踏まえたアドバイスを規程の整備等に活用することができました。

担当者の声
 財団法人あいち産業振興機構では、中国進出にあたり、「機密保持契約管理規程」の整備を中心に助言を行いました。同社には、中国雇用事情や習慣をよく理解して頂き、「就業規則」の修正まで取り組んで頂きました。中国でのご活躍を期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役 臼井常明
住所 愛知県瀬戸市日の出町1番地
電話 0561-86-8616
e-mail eigyou@asahitec-j.co.jp
URL http://www.asahitec-j.co.jp
従業員 105名
業種 機能複製用マスク製造業
主要製品 スクリーンマスク、エマルジョンガラスマスク、レーザーメタルマスク