HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
水が変われば全てが変わる!
イノベーティブ・デザイン&テクノロジー(株) 平成18年
企業概要
 平成15年11月に(有)ソリューション技術研究所として設立。創業して間もない企業ですが、電気分解技術の研究を基に、さまざまな応用製品を商品化する研究開発型企業として成長しています。

 電気分解をコア技術として、

(1)冷却水循環装置のスケール除去装置
(2)貴金属抽出装置
(3)学校給食用食器洗浄装置
(4)家庭用飲用水生成器
(5)飲料(酒類等)改質改善用電解装置等

の研究開発を手掛けています。

 特に、(1)の冷却水循環装置のスケール除去装置(商品名「アクアエレシー」)は、クーリングタワー水路内に付着するスケールを化学薬品を使用せず電解で除去する画期的装置として量産体制にあります。また、(5)の飲料(酒類等)改質改善用電解装置については、装置のパフォーマンス(電気分解により酒類が瞬時に熟成)を実証するため、自ら酒販免許を取得し、電解焼酎・ワインの販売を開始する等、積極的な事業展開を図っています。

 売上高も毎年増加傾向で推移し、従業員も当初の2名から7名に増員し、事業規模も順調に拡大しています。

 平成18年6月にイノベーティブ・デザイン&テクノロジー(株)に社名を変更しました。
循環水改質装置
エレクトロライフ(アクアエレシー)
写真一覧
 
電解焼
掟破り&掟破りライト

支援内容
 平成16年1月 浜松都田インキュベートセンターに入居。

 平成17年7月 「第10回しずおか夢起業プラザ」に参加。金融機関、ベンチャーキャピタル、メーカー等を対象にビジネスプランの発表を行い、広くパートナーを求めました。

 平成18年6月 しずおかスタートアップファンドより、15,000千円の出資を受けました。

 その他、平成15年11月に創造法の認定(テーマ「直接通電方法を用いた飲料の改質改善方法の研究とその開発」)、平成16年12月に経革法の承認(テーマ「電解技術を応用した切削液の品質改善」)を受ける等、中小企業支援メニューを効果的に活用し、事業化を進めています。

企業者の声
ロバートモンダビ
田中氏
 起業から約3年。一瞬にして過ぎたように感じます。2名で開業し、現在、社員は7名となり、次第に会社としての体裁が調ってきたなと言う感じです。

 電気分解の応用技術で色々な仕事をしてきましたが、スケール除去装置、電解酒等、まだ誰も手をつけていない新しい製品を発売できた事が大きな成果です。

 今後は、産声をあげたこれらの製品がより一層売れるよう、全力で事業に当りたいと思います。また、海外からの引き合いも相当数ありますので、積極的に展開していきたいと思います。

担当者の声
 これまでは田中社長個人のノウハウが事業拡大の原動力でしたが、これからは組織力が求められます。浜松都田インキュベートセンター退居後の活動拠点の問題も含め、事業体制の整備を図り、売上拡大による内部留保の充実を期待したいと思います。

企業基本データ
代表 代表取締役 田中博
住所 静岡県浜松市新都田1-3-3-1 浜松都田インキュベートセンターA-2
電話 053−428−5780
e-mail h_takeshita@ace.ocn.ne.jp
URL
従業員 7名
業種 製造業 (電気分解応用装置製造販売)
主要製品 冷却水循環装置のスケール除去装置、貴金属抽出装置、学校給食用食器洗浄装置、家庭用飲用水生成器、飲料(酒類等)改質改善用電解装置