HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
お客様第一主義を貫く経営姿勢で事業を展開
株式会社峰岸商会 平成18年
企業概要
 当同社は、昭和42年の創業以来、特殊鋼等の卸売を行っています。顧客は県内の機械部品加工業者等600社です。単に素材を仕入れ、右から左に販売するだけではなくMC等の工作機械により2次加工する等、付加価値をつけた販売を行っており、会社規模・売上とも県内同業者の中ではトップの地位にあります。「いかなる場面でもお客様第一主義を念頭に置き…」が当社経営理念の一文です。

 そして、共通の当然の意識として「すべての商品とサービスを通じて、お客様を幸せにすること。その時、コストを考えてはならない。なぜなら利益は必ず付いてくるものである」を掲げています。3代目の若手社長峰岸氏は、とにかくお客様の立場で行動することを社員に徹底しています。口をすっぱくしてこれらを伝えており、社員は全員暗唱できるほどです。「もし、お客様からクレームがあったらとにかく損得を考えずに行動すること。お客の信頼を得ることがいずれは会社の利益につながる」と話しています。

 当社は、ここ数年IT導入による販売・在庫管理や工場の現場改善等を進めてきました。事務管理部門の合理化のため「鉄鋼卸管理システム」を導入し、生産・在庫情報のデータベース化や販売管理を行うとともに、インターネットによる情報共有を可能としました。また、入荷、在庫、加工、出荷までの流れを円滑に行うために工場内のレイアウト改善や加工現場の5S活動の推進、在庫管理の改善を実施しました。これにより作業効率は格段に向上し、不良在庫も一掃しました。

 平成18年6月には「中小企業新事業活動促進法」の承認を受けました。機械加工部門を拡大・充実させ新たな事業の柱としていこうとするものです。この他、これまで廃棄してきた残材を商品化し、インターネット等を通じて販売する計画も進める等新たな事業展開を積極的に進めています。
工場内風景

支援内容
 財団法人やまなし産業支援機構では、まず、「鉄鋼卸管理システム」導入にあたり専門家派遣事業によりITコーディネータを派遣し、情報システムが有効に稼動するよう現場サイドの在庫管理手法について支援を行いました。また、工場の生産現場改善を行うにあたり同じく専門家派遣事業により中小企業診断士を派遣して、効率的な生産が可能な現場となるよう改善支援を行いました。

 この他、同社が新規の事業計画として取り組んでいる残材の管理・商品化及び販売計画について平成15年度事業可能性評価委員会において事業評価を行い、同事業の円滑な推進を支援しました。

企業者の声
代表取締役社長
峰岸一郎氏
 巷に情報はあふれていますが、待ちの姿勢では必要な情報は入ってきません。情報は自ら集めるものです。中小企業支援センターは非常に身近な場所で情報の宝庫であるとともに気軽に訪ね相談できる場であります。

 国や県の中小企業施策はさまざまなメニューが用意されており、活用しないと損です。どんどん活用してもらいたいと思います。

担当者の声
 峰岸社長は、若くバイタリティがあり、前向きで積極的な方です。財団法人やまなし産業支援機構の各種事業をうまく活用して頂いており、今後の同社の発展は多いに期待がもてます。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 峰岸一郎
住所 山梨県甲府市増坪町74番地
電話 055-241-3151
e-mail info@minegishi-web.co.jp
URL http://www.minegishi-web.co.jp/
従業員 18人
業種 特殊鋼卸売・加工販売業
非鉄加工販売業
機械工具販売業
主要製品 特殊鋼材
機械工具
半導体製造装置等部品