HOME > 支援情報・情報を知る > 施策活用企業事例

施策活用企業事例 戻る
「思い出バンク」事業で飛躍する印章メーカー
株式会社天野製作所 平成18年
企業概要
「創造を形にして、心豊かな商品造りを目指し、社会に貢献するユニークな会社」をモットーに天野製作所は、印章ケースのトップメーカーであるとともに、業績拡大の為、各種工作機械を導入、精密樹脂用の金型加工にも注力しています。また近年は、貴石・貴金属・装身具・樹脂成形品等の自社企画製品の開発や新規分野のマーケット作りにも励んでおり、事業活動の多角化を図ってきています。

 新事業の一つに「思い出バンク」事業があります。人の人に対する善感情には、思い出や思いやり、思い入れ、愛おしさ、懐かしさといったものがありますが、これを形にし、自分や親しい人に提供するのをサポートするビジネスが「思い出バンク」事業です。

 例えば、赤ちゃんのかわいらしい写真を「はんこ」と「はんこケース」に印刷するサービスがあります。「はんこ」や「はんこケース」を、お孫さんやご家族みなさまの思い出として、素敵なギフトに早変わりさせるもので、出産記念や誕生日のお祝い、入学、卒業等贈答品にもぴったりな品で、とっても喜ばれています。印鑑・印章を一生に一度の記念に残るメモリアルギフトにすることができるのです。
会社風景
 
思い出バンク

支援内容
 平成15年度第1回事業可能性評価委員会では、同社の自社企画開発事業である「思い出バンク」を高く評価し、支援先対象企業に採択しました。印鑑及び印鑑ケースへ写真を直接印刷する発想は、他ではこれまでになかったので、新規営業品目としての可能性が高いと認められました。これを受けて、財団法人やまなし産業支援機構・中小企業支援センターでは、こうした新製品の情報管理、商品管理、営業戦略についてアドバイスを行うため、登録専門家を派遣し、経営体質の強化充実を支援しました。

企業者の声
代表取締役社長
天野徹氏
 近年、自社製品の企画開発に積極的に取り組んでおりますが、「思い出バンク」の企画を契機に、積極的なビジネス指向への模索を始めました。そんな時に山梨県中小企業サポートセンター の事業可能性評価委員会で高い可能性の評価を受け、専門家の派遣等各種の支援・助言を頂き、適切に事業を推進することができました。

担当者の声
 事業可能性評価委員会の委員からは角度を変えた助言・アドバイスがありましたが、これに対し、同社からは「目から鱗」と大変喜んで頂きました。このことが、その後の同社の発展につながりました。更に、自社企画製品を軌道に乗せながら企業体質の強化も図っておられ、ますますの成長を期待しています。

企業基本データ
代表 代表取締役社長 天野徹
住所 山梨県中巨摩郡昭和町築地新居1669
電話 055-275-5681
e-mail toru@omoidebank.com
URL http://www.omoidebank.com
従業員 34人
業種 製造業
主要製品 印鑑・印鑑ケース